普通のおばあちゃん

末っ子に、お母さんは普通のおばあちゃんと違って、孫が生まれても、夢中にならないんだから。。。とちょっと怒られています。かなり夢中になってるつもりなんだけど??
で、誕生日も近いので、そごうに靴を買いに行きました!12.5センチ。愛想がよくって、みんなに手を振って通るのです。このままで行くと、笑顔を作る筋肉の筋トレをせっせとコツコツ毎日しているので、将来有望??人が好き、男性でも女性でも、子供でも大人でも高齢の方でも、動物でも、みんな大好き。
世界中、どこに行っても生きていけるように、頭とかより、心が強く優しくたくましく、生きる力、人間力のある人になって、どんなことも楽しんでくれる子になったらいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美智子もうすぐ1歳

Img_2114_3
あっという間に、もうすぐ、1歳。パチパチ拍手したり、バイバイしたり、お辞儀をしたり、つかまり立ちやハイハイも早くなりました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

紫陽花咲きました

Img_2111
たたみ、一畳くらいの小さな庭に、紫陽花が咲きました。

Img_2110


| | コメント (1) | トラックバック (0)

美智子と電車

「IMG_2105.JPG」をダウンロード
桜木町発に乗りました!学校動物の公演が終わって、迎えに来てくれました。質問もいっぱい出て、楽しい時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お中元の早割、そごう

そごうのお中元、今行くと、早割で、15パーセント引きの商品も。おまけにクマさんの折りたたみボックス付き。混んでないから、大助かり。駐車場は、2000円以上で、3時間無料!ちょっとベイクオーターまで行っても、全然ゆとりの、3時間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビギナーズラック G1・東京競馬

生まれて初めて、競馬に誘われて、府中本町にある東京競馬場に行きました…まー緑の多いこと!広いこと!きれいだこと!子連れのファミリーが多いこと!ピクニックみたいなところでびっくり!
入場料は、いくらかと思ったら、200円。で、友達が博物館から騎手体験コーナーから歴史資料館から馬と触れ合うイベントなど、端から端まで見せてくれて、いつもよりいっぱい歩きました!
さて、馬券は、100円から買えるそうで、でも、1000円買ってみました。で、500円の新聞を買ってくれて、お父さんとお母さん馬、騎手は誰 最近のレースの順位、一言コメント、など、大まかな新聞の見方を教わり、自分で選んでみました。宏子の基準は、最近元気な成績なことと、お休みをしていないこと、まあまあ人気な子、ということで、ジュールポレールに。単勝は確率が低くなるので複勝に。複勝というのは、3着までにはいればいいのです。友達は、一番人気で競馬評論家も一押しのミッキークイーンだったのですが、負けちゃったのでゼロ円。で、精算機に切符を入れると、あっという間に換金できます。
百聞は一見にしかず、もっと暗いイメージだったけど、明るくって、気持ちよくって、おもしろかったあ!「IMG_2102.JPG」をダウンロード

Img_2088


| | コメント (0) | トラックバック (0)

美智子10ヶ月

Img_2074
大きくなったでしょ?フランス語だか、日本語だか、英語だか、何語だかわからない?いろんなこと話します。立っちも、ハイハイも、とっても上手になりました。ちょっと締まってきました?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

母の日のプレゼント

怒涛のの土曜日。雨もなんのそので、めちゃ忙しい中、お嫁さんから、母の日のプレゼント、お茶とお菓子が届きました。あんまりお母さんらしいことしていなのに、ねえ。。。長男が用意するわけないので、お嫁さんの企画計画実行に間違いなし!次女からは、スティックタイプの白髪染め。身内らしい品です?
院長からは、時間のプレゼントで?明日の日曜日、友達に誘われて、生まれて初めての競馬!初体験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日

39年だったか40年だったか?まーとにかく長いこと?偉いでしょ?って言うと、どっちが?って言われるけど。。。きっとどっちもだよね?獣医師同士の離婚率や別居率って高いしね?
せっかくなので、1年前から行ってみたかった、茅ヶ崎の美術館に行ってみようかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日のナンバー、3400、なーんだ?

荻窪の実家にあった、父の本で、バリューブックスさんを通じて、大学に寄付した本の数。夜、時々行っては、いるものとあげるものに分けて、箱に詰めて、約2年間の実績。仕事しながらの片付けは、なかなかはかどらないのですが、こうしてみると、ちょっと頑張った感あり。この他に近所の古本屋さんも欲しいのをミニトラックいっぱい持って行ってるので、5000冊はあったかな。父は編集者だったので、ちょっとした活字中毒。自分でも、すい臓がんとわかってから、本を束ねていたのは見ていたので、少しずつは片付けていたんだと思う。
不思議なことに、バリューブックスは、長野の上田で長男がサッカー部だった時の先輩が何人かで立ち上げた会社です。とっても助かっています。捨てられない症候群の私なので、どこかで誰の役にたってるかなあ、、と思うと、ちょっとホッとします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧