« 肩書きのない日 | トップページ | スタバで孫と絵本 »

君の膵臓が食べたい

珍しく映画。君の膵臓が食べたい。友達が、おいしかった?って感想を聞いて来たので、おいしかったよって答えました。父がすい臓がんで、国立がんセンターに2ヶ月、そのままタクシーで聖路加のホスピスに1ヶ月。どちらも良い先生に出会えて、父が、「宏子のおかげで、さすがにここは天国に近いだけあって、居心地ががいいなあ、空がきれいだ」って、言ってくれたっけ。先生方と巡り会えて、病院のシステムも学べて、それが今の仕事にも役立てて、父がくれた大きな最期のプレゼントでした。3人年子でも、里帰りもせず、親孝行らしいこともできなかったんだけどね。日野原先生とNHKの命の授業にも出たしね!そんなこと思い出しちゃった!

|

« 肩書きのない日 | トップページ | スタバで孫と絵本 »

コメント

本当ね。テレビに出た時は驚きました・・。

投稿: 梅 | 2017年8月17日 (木) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/65661087

この記事へのトラックバック一覧です: 君の膵臓が食べたい:

« 肩書きのない日 | トップページ | スタバで孫と絵本 »