« 京都エキゾセミナー | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

綱島のブックカフェ、ベローチャ

珈琲ゼリー食べながら、帳簿。今月の新聞も作らなくっちゃ!ここは、本屋さんは、夜の12時までなので、ちょっと便利。活字のそばにいると、落ち着くのは、たぶん、父のDNA。孫が生まれたこと、きっと喜んだだろうなあ。。。
芥川賞と直木賞の二人の「私の聖域」というテーマの新聞の切り抜きを読みながら、喫茶店やカフェで仕事をしたり原稿書いたり好きなので、わ、友達かも?って思っちゃったほどでした!村田さんの、横の人が見たらびっくりすることを、紙ナフキンでさりげなく隠しながら、も、共感?
さ、私も頑張ろうっと。

|

« 京都エキゾセミナー | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

コメント

眼がガチャメになり白内障の手術をしても無駄と博士に言われ毎日目薬で悪戦苦闘。べすは目薬が嫌いでしいた・・

投稿: 梅 | 2016年8月 6日 (土) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/64007807

この記事へのトラックバック一覧です: 綱島のブックカフェ、ベローチャ:

« 京都エキゾセミナー | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »