« ふくちゃんチャリティーコンサート | トップページ | ハロウイン、決算、棚卸し »

篠笛デュエットでチャリティお手伝い

怪我をした黒猫の福ちゃん、みんなの応援で、チャリティコンサートが実現。ピアノの先生、熊谷さんの数々の演奏に、感動して涙を流していた人もいました。演奏の真ん中で、私たちも、篠笛を2曲、飛び入りで参加。故郷と、浜千鳥、をデュエット。譜面台は、犬の患者さんの西田書店の純ちゃんが貸してくれました。チャリティコンサートの遅れるといけないからって、猫の患者さんが、サツマイモのチーズ入りのコロッケと、トマトとサラダ菜の差し入れ。この方も、保護した猫のために、家の庭に猫小屋を作ったくらいの猫好き。コンサートには行けないけど、と、道を歩いていた人がカンパをくれたり、1匹に猫を巡って、やさしい繋がりができていて、この街は人情にあるあったかいところだなあと、嬉しくなりました。篠笛、もう少し練習して、レパートリーを増やさなくっちゃ、と思いました。
さあ、決算日、267くらいある薬の棚卸、頑張らなくっちゃ!

|

« ふくちゃんチャリティーコンサート | トップページ | ハロウイン、決算、棚卸し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/62582668

この記事へのトラックバック一覧です: 篠笛デュエットでチャリティお手伝い:

« ふくちゃんチャリティーコンサート | トップページ | ハロウイン、決算、棚卸し »