« ブログとフェイスブック | トップページ | 午後休診で大忙し »

祖父の絵

私の祖父は、大橋城という洋画家で荻窪のアトリエで、油絵を描いて一生を過ごしました。川島理一郎先生という、資生堂さんがパトロンだった絵描きさんの弟子でした。(実はこの先生のお孫さんが大学の同級生の川島くん)。17歳のときにアメリカに渡り、外務省に入り、アメリカ大使館で仕事をしながら、ココラン美術学校で絵の勉強をしていました。ちょうどなくなって30年になるので、銀座と関内で小さな個展をしました。そのとき見にきてくれた、仕事でお世話になっている人や友達に、お気に入りの絵があったら、会社にかけてもらったり、事務所においてもらったり、おうちに掛けてもらったりしています。
今日は、展覧会のときにお花を持って一番に駆けつけてくれた、F出版社のNさんとKさんのところに、絵を届けに行きました。2人とも、絵を抱えてニッコリ。アトリエに置いてあるより、ずっと幸せで、祖父もきっとお空で大喜びしていると思います。
今日は、父の命日。祖父の絵のことを一番気にかけていたので、父も少しホッとしているかな。

|

« ブログとフェイスブック | トップページ | 午後休診で大忙し »

コメント

お父さんの命日ですか…。
城(きずく)お爺ちゃんの絵が、仲良したちに観てもらえること、きっと喜んでいることでしょう。素敵な可愛い孫娘に、二人揃ってお空から投げキスしてるかもね!?

投稿: のまっち | 2015年10月 1日 (木) 15時56分

藍ちゃん
お父さんの画かれた傑作をいただき我が家の玄関に大事に飾っている。
安曇野を画かれたもので故郷を思い出している。
お篠

投稿: osino | 2015年10月 1日 (木) 17時23分

力強い絵で、人に元気を与える絵ですね。門シリーズも楽しかったです。

投稿: 梅 | 2015年10月 2日 (金) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/62389358

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父の絵:

« ブログとフェイスブック | トップページ | 午後休診で大忙し »