« そごう猫展、山種美術館、 | トップページ | 桃、ちょっときてちょうだい »

文藝春秋

いつも買うわけじゃないけれど、芥川賞、直木賞の載っているのは、何も言わなくても、犬の患者さんの本屋さんが、届けてくれます。うっかり忘れて見逃すことがないので大助かり。
今回も、又吉さんと羽田さんのが入っている本が、ちゃんと家のポストに入っていて、電車に乗る日が楽しみ。なにせ、憧れの通勤時間がないので、そこでしか読む時間も取りにくいので、18日にマネージャー会という勉強会があるので、そこで読もうと、バラバラに解体しました。
私は、ばかな話やふざけたことのできる人が、もしかしたら、イッチバン頭がいいと思っているので、漫才ができる人が書いた本は、すごく楽しみ。

|

« そごう猫展、山種美術館、 | トップページ | 桃、ちょっときてちょうだい »

コメント

うんうん・・頭の回転が良くないと出来ない仕事ですね。バカにしてはいけません。べすは肛門になにやら・・で薬を飲んでいます。寝てばかりいるのは老犬で人間とおなじだと言われたそうです。

投稿: 梅 | 2015年8月18日 (火) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/62104967

この記事へのトラックバック一覧です: 文藝春秋:

« そごう猫展、山種美術館、 | トップページ | 桃、ちょっときてちょうだい »