« 豆まき注意報 | トップページ | 腎臓病のセミナー、飯田橋 »

篠笛で千の風

同級生がなくなるのはさびしいよね。長生きして息子の葬儀なんて92歳のお父様も、せつないお葬儀でした。でも、孫の男の子、長男が、喪主になって、しっかり優しく大きく育っていて、感動でした。きっと、パパが、これから先、どんなことが急にあっても、何でもこなせる人になれるように、最期の愛情かも?っておもいました。パパ、きっとずっと見えない応援団になって、みんなのこと、応援してくれると思います。

小さいとき、犬のウンチにはメタンガスが出るはずだからと、いたずらして火をつけて、小さな山火事になりそうになって、鎌倉は古都自然条例みたいな町なので、消防によびだされてパパがさんざんおこられたエピソードも。。。みんなで、「それってS君、パパの血に間違いないよ、そんな実験しちゃうんだもん」といったこと思い出しました。
同級生が集まって、一人一人、かけていかないうちに集まろうねって、約束して別れました。
友達が亡くなったこと知って、猫の患者さんが、そっとデコポンを差し入れてくれました。
元気出さなくっちゃ!

|

« 豆まき注意報 | トップページ | 腎臓病のセミナー、飯田橋 »

コメント

あらあら・・辛いですね。これからが楽しい第二の人生のはず・・。

投稿: 梅 | 2015年2月 4日 (水) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/61081147

この記事へのトラックバック一覧です: 篠笛で千の風:

« 豆まき注意報 | トップページ | 腎臓病のセミナー、飯田橋 »