« 皮膚病、消化器疾患、サクセス幹事会、荻窪 | トップページ | 小松田先生の勉強会 »

活字三昧の2時間

父の本を、西田書店さんが取りにきてくれるので、いる本だけよっています。わたの書いた本や、エッセイが出てる本も、紛れ込んでいるので、、、これが、やり始めるとハマっちゃって、ね。あっという間に2時間くらい経っちゃって。でも、一人でやるのが楽しいかなあ?こんなのいらないでしょ?って言われちゃうとね?
清貧の父が、本だけは惜しみなく買ってくれて、日本文学全集と世界文学全集が、順番に届いて、それを読むのが楽しみでした。高井戸から渋谷まで井の頭線で通っていたのと、東京女学館の小学校の担任だった獣医師の石手先生が、本は2冊並行して読みなさい、という先生だったので、活字中毒気味に育ちました。クオレとか小さいお家とかイソップ物語とかが出てくると、捨てられなくってねえ。ちなみに、夏目雅子さんは、2つ下に学年でした。
文永堂さんのうちの特集号の単行本、父と石手先生に見せたら、喜んだろうなあ。。。

|

« 皮膚病、消化器疾患、サクセス幹事会、荻窪 | トップページ | 小松田先生の勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/61111821

この記事へのトラックバック一覧です: 活字三昧の2時間:

« 皮膚病、消化器疾患、サクセス幹事会、荻窪 | トップページ | 小松田先生の勉強会 »