« 年1度の日本画、干支 | トップページ | 干支 »

ホモトキシコロジー、膵炎、獣医師会

日曜日ですが、3つも会合が重なっていて、二人で手分けしていきました。新宿、サザンテラスタワーでホモトキシコロジー。友達がが発表するのと、先輩に誘われたのと、ちょっと新しい分野の勉強を兼ねて、ピカピカクリスマスのイルミネーションの新宿でした。テラスタワーの21階からの都内の紅葉もなかなかでした。ホメオパシーとは違う、ホモトキシコロジーは、副作用や組み合わせによる弊害や苦みや痛みのない身体にやさしい薬です。行ってみたら、友達にたくさん会えて、収穫いっぱいでした。
院長は、アイデックスの膵炎を代田橋で、そのあと横浜へ。で、最終的には荻窪で合流。クリスマスにしてきました。

|

« 年1度の日本画、干支 | トップページ | 干支 »

コメント

忙しい中ラブラブデイトで楽しそう、仲いいね。
たまには笛にも触れてやってね。

投稿: お篠 | 2014年12月 1日 (月) 21時30分

ヤーパンヘールのホームページ表記では、「ホモ」トキシコロジーとあり「ホメ」ではないようです。(笑)
笑ったり褒められたりするとオキシトシン分泌して免疫力上がるから「褒めときシン」かも(笑)

ホロトロピック、ホリスティックなど、従来型のお薬から離れる流れや、C型肝炎新薬ゾバルディ(1回10万円!)など相変わらずの新薬の流れ、お医者さんも大~変

投稿: お地蔵亭 | 2014年12月 2日 (火) 07時18分

杉ちゃんありがとう。なおしましたー。

投稿: 清水宏子 | 2014年12月 2日 (火) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/60740247

この記事へのトラックバック一覧です: ホモトキシコロジー、膵炎、獣医師会:

« 年1度の日本画、干支 | トップページ | 干支 »