« 下北沢、フェイボリット | トップページ | 年1度の日本画、干支 »

中学生向けのスライド

1月に中学1年生のお教室で、職業講座を頼まれました。で、この際なので、今までもそうですが、子供たちの質問は、だいたい決まっているので、スライドを作っておこうということになりました。
きっかけ、やりがい、辛いこと、楽しいこと、嬉しいこと、大変なこと、どんな勉強をしたらいいですか、どんな人が向いていますか、どうしたらその資格が取れますか、などです。全体像は、こんな感じ。
昔、Z会のお仕事ボックスの 取材で出た時にまとめているので、それを元に、楽しいスライド作ろうっと。といっても、友達がつくってくれるんだけど。アーでもない、こーでもないって言いながら、ね。
いろいろ一人でできない分、他業種の目で直してくれたり、考えが膨らむので、無能な人って結構お得かも?って思っています。みんなが助けてくれるからです。

|

« 下北沢、フェイボリット | トップページ | 年1度の日本画、干支 »

コメント

宏子先生が無能だとすれば、その「無」は、無敵の「無」ですね。
そもそも、軽く「六能」はおありですよね。(笑)

投稿: お地蔵亭 | 2014年11月29日 (土) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/60727999

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生向けのスライド:

« 下北沢、フェイボリット | トップページ | 年1度の日本画、干支 »