« 飛行機と麻酔、マルゲリータ | トップページ | ホンダ、フィット、またリコール »

須賀敦子の世界展、港の見える丘

索引作りの日々で、病院が終わると、受験生みたいに二人で机に向かって、黄色のマーカーで索引の単語やグレーズに印をつけています。
西田書店の純ちゃんが、ポストに、港の見える丘公園の須賀敦子さんの世界展の券を一枚入れてくれました。見ると、割引券。私は200円引き、院長は65歳以上のくくりに入ったため、300円。ちょうど五島列島のコックさんが,シチリア島で修行をしたのと,ボローニャとフィレンチェにいってみたいので、のこのこ疲れを取りに行って見ました。なんと、今日は文学の日でただで、おまけに抽選付きで、ハガキとファイルもらいました。なかなか面白い人で、61歳で作家になったの。国際結婚なの。私もまだまだこれから作家になれるかも?と思っちゃった!
一番びっくりしたのは、会場で16・7年ぶりの友達、えみちゃんのママにばったりあったこと。長女が骨肉腫の疑いがあって手術した聖マリアンナ医科大学で、病室が一緒だった人。えみちゃんは、うちの末っ子と同い年だったので、長女がよく面倒を見ていたの。長女は繊維腫で、骨盤の骨とセラミックを入れて今も元気に飛び跳ねていますが、えみちゃんは、横紋筋肉腫で治療の甲斐もなく、亡くなっちゃって、、ママが少しでも元気が出るようにって、事務のお手伝いに来ていた人なのです。末っ子のことを、えみちゃんの代わりにたくさん可愛がってくれたので、結婚した時にどうしているかなあ、と気になっていたのです。神様が逢わせてくれたのかな?

|

« 飛行機と麻酔、マルゲリータ | トップページ | ホンダ、フィット、またリコール »

コメント

ほんと!出逢いは神様からのプレゼントですね~
純ちゃんからの一枚の割引券から・・・
やはり 藍先生の優しさが繋がりを育てるんですね!

投稿: ふくろう | 2014年10月27日 (月) 09時17分

あら・・良かったですね。思わないところで逢うなんて!
藍さんの作家デビュー・・待っています。
絵本作家でも良いね~・・私の友人は退職して作家になった?まず自分で150万円出して出版。そこで本屋に並ぶらしい。回収は半分位。それを聞いて私は辞めました。お金ないもん!

投稿: 梅 | 2014年10月27日 (月) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/60548190

この記事へのトラックバック一覧です: 須賀敦子の世界展、港の見える丘:

« 飛行機と麻酔、マルゲリータ | トップページ | ホンダ、フィット、またリコール »