« 満月ですね。 | トップページ | 宇都宮の専門学校―サクセス »

中学1年生に仕事のきっかけの話し

仲良しの裕美ちゃんからの紹介で、1月に地元の中学校1年生に、この仕事に就いたきっかけのお話を、2コマ、することになりました。院長とスタッフが、留守番は任せて、行ってくれば、と後押し、応援してくれたので、決めました。裕美ちゃん、ありがとね!

院長は、たばこ薬物のことも、ちょこっと添えてね、って。もちろん動物にもよくないし、小学校中学校で、教えた方がいいもんね。高校だと義務教育ではないし、ちょっと遅い気がするから。

獣医師の仕事って、臨床だけでなく、公務員や、薬屋さんや、研究職や、動物園や、いろいろあることも、伝えたいな。同級生が、いろいろな方面に行っているので、中学生の将来の枠広げて、夢を大事にそだててほしいな。

夜は、そんなこともあって、椎名ストレスケア研究所主催の無料の実践心理学教室、椎名雄一先生の「夢がかなうゴールの作り方」に夜、行ってきました。

違う仕事のようで、底辺って全部くっついていて、おもしろいなあっておもいます。大学を卒業する時、同級生の友達が、「獣医師の枠のなかだけでなく、枠を超えて生きて行くんだよ」といってくれたこと、想い出して、木曜日はは宇都宮専門学校。夏休みを過ごして、久しぶりの生徒さん達に会うのが楽しみです。

|

« 満月ですね。 | トップページ | 宇都宮の専門学校―サクセス »

コメント

子どもたちは教師以外の方から新鮮なお話しを聞くと心に響くのですね。院長先生のアドバイス大事ですね。今は小学高学年でたばこを吸う子どももいます。親や教師より効果抜群です。ご苦労さまです。

投稿: 梅 | 2014年9月11日 (木) 07時59分

藍ちゃんのお話一度聞いてみたいな。
シッカリやってきてね

投稿: お篠 | 2014年9月12日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/60295518

この記事へのトラックバック一覧です: 中学1年生に仕事のきっかけの話し:

« 満月ですね。 | トップページ | 宇都宮の専門学校―サクセス »