« ウサギ塾、歯。6月は26日血液です | トップページ | ディズニーランドの言葉、小松田勝さん、かんき出版 »

覚悟の磨き方、超訳、吉田松陰、サンクチュアリ出版

パリから日本に来ていた、小学校の友達せっこは、日本に来ると必ず本屋さんに行き活字を求めます。で、面白そうな本を読んでは、「おーちゃん、これよかったよ」と、教えてくれます。逆さまでしょ?で、私は慌てて読むのですが、なるほど、さすが、でした。せっ子は、18からフランスに渡り、最近ついにフランス人になり、国籍は日本は一つしか取れないので日本人は捨てたのですが、和太鼓でプロジェクトくんだり、30歳で亡くなった幕末の天才思想家の吉田松陰など、日本が濃いです。
読みやすくて、字も大きいので、お勧めです。サクセスの合宿に持って行こうっと。
あ、そうそう、体のメンテナンスで、鳥の患者さんのWさんのところにやっと行けたのですが、頭も体もスッキリ。もっと早く行けばよかったー。Image


|

« ウサギ塾、歯。6月は26日血液です | トップページ | ディズニーランドの言葉、小松田勝さん、かんき出版 »

コメント

加齢は誰にでもきますので、それをカバーする為にもメンテナンスは大事です。働いていた時は私は篠笛さんが良く言っていたマッサージやら整体に行きました。心も大事だけれど肉体も大事に!

投稿: 梅 | 2014年5月24日 (土) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/59693902

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟の磨き方、超訳、吉田松陰、サンクチュアリ出版:

« ウサギ塾、歯。6月は26日血液です | トップページ | ディズニーランドの言葉、小松田勝さん、かんき出版 »