« 市長選挙。山種美術館 | トップページ | 鶴見川の花火 »

原発の話

サクセスの杉ちゃんから、「原発がどんなのもか知ってほしい」という20年間原発の現場で働いていた平井憲夫さんの書いた文章を、メールでもらいました。私たちもですが、子供達や孫たちや動物たちにとっても、考えさせられる話でした。こういうことは、学校やPTAや生涯学習でも、いつでもどこでも、みんなが知っておくといいなあ、と思いました。
3月11日のあの日から、少しでも節電になればと、サマータイムで、1時間早く病院に、つまり8時に行くようにしました。他にもう少し片付けて、シンプルな暮らしを心がけようと思いました。

|

« 市長選挙。山種美術館 | トップページ | 鶴見川の花火 »

コメント

本当に今も福島の人々は苦しんでいます。この間楢葉町の子どもたちと交流しました。今も仮設住宅で大変な生活をしているそうです。

投稿: 梅 | 2013年8月17日 (土) 08時43分

原発の問題は絶対に忘れてはいけない。
忘れるどころではなく、今現在、そしてこれからのほうがよっぽど心配な問題ですよね。
節電しなくてはと思いながら、今年の夏は異常なほど暑くて、エアコンのお世話になりっぱなしで・・・
でも、電力が足りなくなるよ、節電してってアナウンスは無いですね???
節電って言い過ぎると熱中症になるヒトが多くなるから、表に出せないんでしょうね。
それとも家じゅう省エネタイプに変えたお宅が多いから足りているのでしょうか???
それにしても、原発の便利さに慣れてしまってはいけないですね。
こういう話題が出ると、身の引き締まる思いがします。

投稿: 小江戸っ子 | 2013年8月17日 (土) 14時28分

年寄りには縁のない話だと思っていたら。
そうじゃないんだね。
便利さの代償はタダじゃないんだね。
困ったね。
藍ちゃんたちの発言は影響力があるからもっともっと大きな声で訴えてよ。

投稿: お篠 | 2013年8月17日 (土) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/58005608

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の話:

« 市長選挙。山種美術館 | トップページ | 鶴見川の花火 »