« 感謝日記をつけよう | トップページ | モルモットのセミナー »

麻酔外科学会・猫の行動学

院長の発表も無事終わり、大学の先生や高度医療の若い先生方が、喜んで質問に来てくれました。

猫の行動学も、なかなかおもしろかったです。

その間に、末っ子とジェフ君が、病院の受付をきれいにしてくれました。待合室のいすに座れす人が1人増えました。

義母のげた箱を片付けていたら、木槌や尺取虫みたいな物差しが出て来てびっくり。院長がなつかしがっておりました。

こうしてみると・・・感謝することだらけでした?

|

« 感謝日記をつけよう | トップページ | モルモットのセミナー »

コメント

人間という動物も面白いが犬は何を考えているのか?とべすに時折聴いています。連れ合いは「何も考えていないよ」とセンスのない事をいいますが・・

投稿: 梅 | 2013年6月17日 (月) 16時54分

昔の人は物を大切にする美学を学んでいたから何でも捨てずに大切にしていたんだよね。
開運なんでも鑑定団に出すと結構な値段がつくものもあるかもよ。

投稿: お篠 | 2013年6月17日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/57606228

この記事へのトラックバック一覧です: 麻酔外科学会・猫の行動学:

« 感謝日記をつけよう | トップページ | モルモットのセミナー »