« 学会パート3/食べ物編 | トップページ | お正月アクシデント »

雪騒動の顛末記

朝、一人暮らしの義母に電話で安否確認。「こっちは雨だよ、雪になるかも・・・」と母。「へー、昨日は雨だったけど、今日は晴れているよ」と私。

チェックアウトまで、部屋で学会のまとめ。お昼に中学の友達、がらちゃんと待ち合わせ。

荷物は、ホテル「西鉄イン・大浴場付き」で預かってもらって、朗君の子どものお守りをゲットしに、大宰府へ。梅が枝もちと抹茶付の往復券で出発。隣の国立美術館でボストン展。立派な美術館でびっくり。ここで、先輩のそばちょこの本を発見。

で、大宰府の駅のポストで、みんなで、「ぴったりの学校に合格しますように」とお祈りして投函。「朗君、お守り送ったよ」と電話したら[横浜大雪14センチの積雪だよ。飛行機なんてむり。新幹線で帰って来い!早く戻れ!」それで、大急ぎで戻って、ホテルで荷物を受け取って,欠航の確認。どんな方法があるかと空港に電話してもつながらない。新幹線の緑の窓口はいっぱいなので、旅行社で自由席の切符を買って、あと2本の6時30分と55分に挑戦。ホームは人があふれていてどきどき。ギリギリで、30分のに並んで座れてほっ。

年賀状は、この5時間でほぼ完成。ご飯は、ビニールに入れた食べきれなかったご飯と梅干しとのりと昆布。学会会場でもらったチョコレート。家から持ってきたミカン。野菜ジュース。ゆきちゃんにもらったトリフ。これで命拾い?ワゴン車なんて混んでいて来れないし、トイレだって人波をかき分けて、行くのに10分かかる感じ。お土産も買えずに、帰宅。

家に着いたのは12時。新幹線代は41800円。でも雪なので、返金されるのは32000なので、9800円は、泣きねいり。ま、でも帰れたから、よかったー。患者さんが、待っててくれてるからね。お金と非常食は、必需品とつくずく思いました。

|

« 学会パート3/食べ物編 | トップページ | お正月アクシデント »

コメント

そうそう・・日本は細長い列島だからいろいろありますね。無事新幹線に乗れてラッキーと思って9800円は我慢。主婦としては痛いけど。

投稿: 梅 | 2013年1月16日 (水) 04時57分

お疲れ様でした。17日は12名参加だよ。速く疲れをとってよ。

投稿: 山猿 | 2013年1月16日 (水) 08時36分

旅に出ると色々あるよね。無事帰られてよかったよかった。
明日は大船ね。ユックリ、急いでね。

投稿: お篠 | 2013年1月16日 (水) 16時13分

横浜から茅ヶ崎まで帰るのに大変だったから、福岡から自由席で帰ってきた藍さんの大変さは、よーく分かります。
ホントにお疲れ様でした(._.)

投稿: ライス | 2013年1月16日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/56546887

この記事へのトラックバック一覧です: 雪騒動の顛末記:

« 学会パート3/食べ物編 | トップページ | お正月アクシデント »