« 宮崎から珈琲・新潟からお蕎麦 | トップページ | 仕事納め・オムライス »

不思議なご縁

拓馬とSちゃんは、DJと言って、レコードの曲と曲をつなぐお店で知り合ったので、学校も学年も違うのですが、9年のお付き合いの末、先日結婚しました。

実家が、つくばなので、丁度つくばでセミナーがあったので、帰りに寄ったところ…おうちのデザインが素敵で、アトリエみたいだったので、「うちのおじいちゃん、油絵の画家だったの」と話したところ…なんと、おじいちゃんの師匠だった、川島理一郎先生のことをSちゃんのお父さん(芸術学部の教授なの)が、よく知っていたのです。

パトロンもいたその川島先生が、パリで描いたたくさんの絵が、日本に来る船が沈没して海の底に行ってしまったそうです。だから、絵が少ないそうです。うちのおじいちゃんにもパトロンがいたら、また人生も違っていたと思うのですが????

そんなこともあって、おじいちゃんの名前・大橋城で、インターネットで調べてみたら。。。私の知らない過去、14歳で英語の勉強をして、外務省に入って、秘書をしながらアメリカのここラン美術学校で17歳から絵を習い始めて、従軍画家になったそうです。

そうそう、もう一つ不思議な縁は、その川島先生の絵が、荻窪の玄関に飾ってあったら、遊びに来た大学の同級生が「あれ、これ、うちのおじいちゃんの絵だ!」と、川島君が言ったのです。つまり、祖父のお師匠さんの孫と、祖父の孫は、獣医さんなのです。

こんな感じに、きっとみんな、辿っていくと、だれかと誰かは、全部つながっているのかも?と思った私でした。

|

« 宮崎から珈琲・新潟からお蕎麦 | トップページ | 仕事納め・オムライス »

コメント

笛の繋がりも何かの繋がり。

投稿: 山猿 | 2012年12月27日 (木) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/56399859

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なご縁:

« 宮崎から珈琲・新潟からお蕎麦 | トップページ | 仕事納め・オムライス »