« 題詠・底。ツムジ | トップページ | 筍ごはん »

川越・佐久間旅館・佐久間勇次先生

私が、卒論(小鳥の鳴管の筋肉と声の関係)を書いた時、お世話になった、生理学の教授の佐久間先生が、なくなりました・・・。

私の出した本やラジオのチラシを、うれしそうに見て、頑張ってるな、って誉めてくれた先生です。おばさんになっても、ほめられると、もうちょっとがんばろうっておもいます。

行く道の前を、守ってくれたり、応援してくれる人が、千の風になって、さびしいなあって思います。

お通夜は、土曜日、12日の午後6時から「川越市民聖苑やすらぎのさと」

告別式は日曜日、13日の午前11時からだそうです。えっちゃん先輩が教えてくれました。川越の駅から、バスが頻繁に出ているそうです。私たちの同級生で特待生だったKさんが、えっちゃん先輩と、行ってくれます。

先生のおうちは、川越の旅館の老舗で、時々芸能人が来て時代劇の撮影に使われたりするの。みんなで遊びに行った時の、うれしそうな笑顔、大切にします。

|

« 題詠・底。ツムジ | トップページ | 筍ごはん »

コメント

〒350-1131
川越市大字小仙波867番地1
☎049-226ー0090
「川越市民聖苑やすらぎのさと」です。
(どこのホールを使うのかわかりませんが地元の名士ですから案内で佐久間先生の名前を言えばすぐにわかります)
川越駅東口から川越グリーンパークゆきのバスに乗り「やすらぎのさと」で下車。バスは頻繁に出ていると思います。

投稿: 小江戸ッ子 | 2012年5月12日 (土) 11時06分

先生のご冥福をお祈りいたします

投稿: お篠 | 2012年5月12日 (土) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/54685400

この記事へのトラックバック一覧です: 川越・佐久間旅館・佐久間勇次先生:

« 題詠・底。ツムジ | トップページ | 筍ごはん »