« 麹町いきいきプラザ日本画の展覧会 | トップページ | 特集号の原稿・のりせんべい »

こころちゃんの命日・14日

自分もがんなのに、夏の暑い日に、父の病院にお見舞いに来てくれたこころちゃん。犬を連れて来てくれたこともあったよね。

なくなる日に、会いたい、って言ってくれて、「ありがとう」って・・・。がんの新聞に、イラスト付きの五行歌を描いたり、こころちゃんと一緒にしたこと、短い間にたくさんあったよね。

こころちゃんと約束したことがあります。いつか「楽しく生きるポイント」っていうセミナーしてね、って。それで、サクセスクラブの新年セミナーで作り、その後、いろんな専門学校のオリエンテーションや卒後セミナーや先生方の講習会でも、頼まれることになりました。

今年は、とうとう、大学(東京農業大学)でも、1-4年生にお話しすることが決まりました。

きっと空から応援してくれているから、少しずつ、広がっているんだと思います。かわいい孫を、だっこしたかったでしょう。もっともっと、いろんな活動したかったと思います。

こころちゃんの足跡は、あっちこっちにいっぱいあって、みんな忘れずに、歩き続けているから、安心してね。

|

« 麹町いきいきプラザ日本画の展覧会 | トップページ | 特集号の原稿・のりせんべい »

コメント

藍ちゃん
こころちゃんは膵臓に転移した事が藍ちゃんのお父さんと似ていて築地のがんセンターで専門の医師の講演があった。患者会で知って一緒に聞きにいった。藍ちゃんのお父さんは奥さんと一番前の席で話を聴いていた。膵臓に転移したものは難かしいとあまり患者にはいい話ではなかった。
お父さんがホスピスに入所した時も一緒に見舞いにいったこともあった。
こころちゃんは自分のことより人のことを気遣う優しい人だった。
孫をだかせてやりたかった。
笑でガンを笑い飛ばそうとお笑い療法士の資格も取っていた。
腰さんのように奇跡の女になるんだとマーカーが上がっても気にせず踏ん張っていた。
向こうでお父さんと一緒に見守っていてくれているとおもうよ。
千の風になってのcdが形見として残った.
いい人だった.

投稿: お篠 | 2012年5月15日 (火) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/54710965

この記事へのトラックバック一覧です: こころちゃんの命日・14日:

« 麹町いきいきプラザ日本画の展覧会 | トップページ | 特集号の原稿・のりせんべい »