« ウサギ塾・熱中症 | トップページ | 本大好き仲間と会合 »

病院の植え込みの手入れ

花にら・タンポポが終わって、ちょっと淋しい植え込みに、家にあった、折鶴ランを、植え始めました。少しずつ、持っていって植えています。根付くかなあ?

ご近所さんが、青の紫陽花を花瓶にさしてくれたのも、挿し木してみたけど・・・花のところはとるのかなあ?

挿し木の上手なやり方、誰か教えてね。

今日は、後輩の病院にいる代診の先生が、ウサギの診療の勉強にきます。私は、若いハンサムな男の先生を、院長は、若い美人の先生を、期待しています?

どっちかなあ?

どっちにしても、うちに勉強に来たいなんて、うれしいでしょ?一緒に、いろいろ勉強しようっと!その後輩はね、第一三共のI先生の同級生なの。人のつながりって、おもしいよね♪楽しいよね♪

|

« ウサギ塾・熱中症 | トップページ | 本大好き仲間と会合 »

コメント

折り鶴ランは強い花だから、おひさま、土と水それに愛情があれば必ず確付する。

アジサイは咲き終わった花柄は切り落とす。
根元から二葉くらい残して後挿し木にするといい。挿し穂(枝)は鋭利な刃物でスパッと斜めに切り、葉は半分から三分の二くらい切り落として新しい水の中につけて十分水揚げをしてから挿す。土は水捌けのよい新しい土を使う。挿したら底から抜けるまで水遣り、
10日くらい日陰においておく。挿し穂が風に揺れない工夫をして方がいい。
水捌けをよくして、絶対水切れをしなこと。
ご機嫌がいいと葉の元から新しい芽が出てくる。そうなればしめたもの。
肥料はやらず、とにかく水を切らさないこと。
家で挿したものをあげるけど、とにかくやってみてね。
ごまかしは効かない。真の愛情が勝負。

投稿: お篠 | 2011年6月25日 (土) 05時45分

ハンサムな青年やら美人やら・・見様ですから・・余り贅沢をいわずに??

投稿: 梅 | 2011年6月25日 (土) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/52033516

この記事へのトラックバック一覧です: 病院の植え込みの手入れ:

« ウサギ塾・熱中症 | トップページ | 本大好き仲間と会合 »