« 朝から急患・明日元気になあれ | トップページ | おでんの季節 »

ペットロス・エッセイコンテスト審査

毎年頼まれている、ペットロス・エッセイコンテストの審査でした。

力作ぞろい、長生きも多く、多頭飼育の方も、皆さんの思いがいっぱい詰まっているので、行間にも悲しみ・せつなさ・そして愛があふれています。

毎年思うのですが、甲乙つけがたい作品の中から、選ぶのは大変で、3-4時間は、事務所に張り詰めます.それぞれの意見交換も、活発で、教わることがいっぱいあります。

どんなにすべてのことを精一杯やってきた方でも、ああすればよかったかなあ、こうしたらもしかしたら、っておもいます。

動物達って、いろんなこと考えて、千の風になる時間、もしかしたら、おうちの人のために選んでくれているのかなあ、って不思議に思うこともあります。

うちでは、動物がなくなったとき、2人で、千の風になってを、天国に届くようにお祈りしながら、吹きます.おとといは、お腹に取れないがんがあっても、がんばっていた遠くの鎌倉のSちゃんのために吹きました。心の耳で、聞きますって、お手紙がきました。

動物は、人より寿命が短いので、必ず先になくなります。悲しいこと、淋しいこと、わかっているけど、それ以上に、あったかい想い出や100パーセントの愛や、頑張ると、奇跡が起きること教えてくれたり、さりげなく毎日を前向きに暮らしながら、家族を励ましてくれる、不思議なチカラをもっています。Iさんのミーちゃんもそうでした。みんなで、いろんなこと、乗り越えてこれたこと、宝物になりました。

|

« 朝から急患・明日元気になあれ | トップページ | おでんの季節 »

コメント

この世に生まれてきたものが死ぬときってドラマがあるよね。
動物たちの最期を優しい獣医師さんに看取られ、笛を聞きながらて千の風になっていくのは納得して逝くだろうな。
まさにドラマだね。
きょうはS先生のささやかなお誕生会だ。

投稿: お篠 | 2010年11月 4日 (木) 05時56分

私も昨年、ハロウィンの日にcatミーちゃんが天国に行きましたが、暫くは悲しくって辛かったですねweep
一年間、お骨を置いてあったのでパウダー状になった骨をチューリップの球根と一緒にプランターに蒔きました。
残りは、小瓶に入れて鎌倉の海に散骨しようと思っています。
また、画家でもある猫三匹を飼っている『猫の箱』ギャラリーを訪ねて行こうかと…
気持ちにも区切りがつき、娘のアズキ&チャコを大事にしないと、高齢になり頑固になりしたが、可愛い子供達家族です。
亡くなった伯父も『千の風に〜』がお気に入り、笛は吹けないけど、歌うことはできるかな?
涙〜涙かも。

投稿: 霞 | 2010年11月 4日 (木) 06時57分

動物は家族だもんね…。一緒の時を過ごせてありがとう、だよね。

投稿: てる! | 2010年11月 4日 (木) 10時54分

ミーちゃん、我が家のミーが虹の橋で待っていて今、一緒にお花畑で仲間と遊んでいることでしょうcatdog
家族だったミーちゃん、パパ達にとって可愛い子供、とても感謝しています。
今までの思い出を振り返ると悲しいこと楽しいこと沢山あったことでしょう。
きっと、パパ達を見守っていますよ。
ミーちゃん☆になってcat

投稿: 霞 | 2010年11月 4日 (木) 17時31分

私の家のべスは若いので・・私が死んだ後は息子にお願いしてあります。

投稿: 梅 | 2010年11月 4日 (木) 19時13分

選ぶというのは、自分と向き合う時間だけど、
いくつも悲しい文面を読むのは、エネルギーのいる作業だね。
大変なことだと思います。

投稿: アルキメデス | 2010年11月 4日 (木) 19時15分

人間より短い、かけがえのない小さな命。
大切に守らなければ・・・

投稿: 撫子 | 2010年11月 4日 (木) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/49930060

この記事へのトラックバック一覧です: ペットロス・エッセイコンテスト審査:

« 朝から急患・明日元気になあれ | トップページ | おでんの季節 »