« ル・ピアノで渋谷10周年パーティ | トップページ | セッコと老後の計画 »

パリジェンヌを温泉に

小学校の同級生でフランス国籍になったせっこが.来日.年々、ケータイを見つめ、ケータイをさわらないといられない、日本の若者に、危惧していました。まあ、おばさん、おじさんも、だけどね?

病院で篠笛を聞いていただいてから、志楽の湯に、同級の知恵美ちゃんも連れて行きました。レパートリーの多さに驚いてくれました!

エーデルワイスの「パパ特性の、吹ける音でやってみよう楽譜」、ご希望の方は、返信用の封筒に自分の住所を書いて、80円切手をはって、送ってね。すでに、2名の方からご希望があり、送りました。

せっこは、かなりオリジナリティあふれる国際的感覚の持ち主ですが・・・有名幼稚園の出身なの.そこでのエピソード。入試の面接で、「あなたのお名前は?」と聞かれて、先生に「当ててごらん?」って言ったそうで・・・.小さい時から培った、とび抜けた才女でしょう?

温泉で、老後の生き方歩き方を、確認・納得しながら、新川崎で別れました。

|

« ル・ピアノで渋谷10周年パーティ | トップページ | セッコと老後の計画 »

コメント

せっこも元気そうで、よかった〜♪
先生に「当ててごらん?」は、せっこならではで、笑えるというか納得というか・・・やっぱり私達の友達っていうか・・・?(^^ゞ

投稿: 撫子 | 2010年5月10日 (月) 00時25分

フランスにお友達がいるなんて素敵だね。
篠笛を聞いてもらいながらどんな老後を語り合ったのかな。
篠笛のレバートリー増えていくのは嬉しいね、楽しいね。努力の賜物だね。
次回のシミドウが今から楽しみ。
昨日放送聞いたよ。躾、怒り方、なるほどね。

投稿: お篠 | 2010年5月10日 (月) 06時38分

どんな老後をふたりで話をしたのかな!?

投稿: アルキメデス | 2010年5月10日 (月) 17時47分

せっこは、腰原さんの本を読んで感動して、パリのファンクラブ代表で、日仏の掛け橋で和太鼓をみんなに教えていますが、篠笛も、入れたくなっています!

投稿: 藍弥生 | 2010年5月11日 (火) 00時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/48319629

この記事へのトラックバック一覧です: パリジェンヌを温泉に:

« ル・ピアノで渋谷10周年パーティ | トップページ | セッコと老後の計画 »