« ファッション誌 nadesico 4月号 | トップページ | 水戸の偕楽園・サクセス »

犬のガム、人のガム、注意報

今日は、帰り際に、犬のガムを丸呑みして、のどにつかえて、呼吸がおかしくなったフレンチブルドッグがきました。

内視鏡でとろうか、胃に落っことそうか、はかせることができるか・・・と悩みつつ、お湯を飲ませてみたら・・・はきかけて、のどもとに、ガムの頭が出てきたので、グイっと手を突っ込んで、取れましたー。

みんなで、思わず、顔を見合わせて、にっこり!

ときどきあることなので、犬のガムあげるときは、飲み込みそうな大きさになったときは、要注意. 急いでとろうとしたり、お散歩行こう!と声をかけたりすると、とられまいとしてあわてて飲み込みます。

人のガムも、キシリトールが入っていると、犬は、低血糖を起こすので、テーブルの上に置きっぱなしは、やめましょう。

人にとっては、便利だったり、体によかったりしても、身近なものが、危険なものに早変わりするから、いつでも、いつまでも、赤ちゃんがいるとおもって、気をつけてあげてね。

|

« ファッション誌 nadesico 4月号 | トップページ | 水戸の偕楽園・サクセス »

コメント

う〜ん・・・大食漢のニャンコ2。いつまでも気が抜けないなぁ〜(^o^;

投稿: 撫子 | 2010年3月11日 (木) 01時17分

ガムを噛むのは止めることにした。

投稿: お篠 | 2010年3月11日 (木) 06時41分

ガムの事故と言えば、最近ガムを噛んでいて2本とも差し歯が取れました。外れたままにしてます。

投稿: 山猿 | 2010年3月11日 (木) 07時35分

ベスも散歩中、油断すると何か?を口に入れたり・・小判なら大歓迎ですが・・

投稿: 梅 | 2010年3月11日 (木) 08時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/47779257

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のガム、人のガム、注意報:

« ファッション誌 nadesico 4月号 | トップページ | 水戸の偕楽園・サクセス »