« ブログのコメントについてのお知らせ | トップページ | 千葉で学会・銀座で蚕の展示・1000人セミナーリハーサル »

災害時のペット対策

いつ起きるかわからない災害に備えて、ガイドラインを、みんなで考えておくといいですね。

まず、飼い主さんは、日ごろから躾(待て・伏せ・ケージにならす・ほえない・かまない・とびつかない・・・など)と健康管理(ワクチン・のみ・寄生虫の予防)をしましょう。

万が一に備えて、マイクロチップ・狂犬病の鑑札・迷子札・首輪やリードに油性ペンで名前と携帯の番号などを、しっかりしておくと、離れ離れになっても、また、会えます。

救援物資は、すぐには届きません。また、その動物に適したものが届くとも限りません。最低5日ー7日分の、フード・水・薬・ペットシーツ・ビニール袋・使い慣れたタオルやシーツなど、気がついたものはまとめておきましょう。

困ったときに、預かってくれる友達や親戚も、日ごろからチェックして、今からよりいっそうなかよくなっておきましょう。

飼育ノートに、かかりつけの先生やその子の特徴や薬の飲ませ方や検査のデータを書いておくと、預かった人も、安心です。

|

« ブログのコメントについてのお知らせ | トップページ | 千葉で学会・銀座で蚕の展示・1000人セミナーリハーサル »

コメント

ペットだけじゃなくて
人間(家族)も同じね。
あと大切な友達も!
情報交換しておこうっと♪

投稿: 夏海 | 2009年9月13日 (日) 00時45分

災害時の心得、ありがとう!日頃からの準備が大事だね。愛する子たちを守る為にね(^.^)♡

投稿: 撫子 | 2009年9月13日 (日) 01時19分

猫を千の風にして立ち直れない友(おばさん)に、先生から頂いたペット・ロス資料を送付したところ、「泣いた泣いた・心を癒された」と電話してきました。しかし、強い口調で気合を掛けた私には未だ反抗的であります。

投稿: 山猿 | 2009年9月13日 (日) 08時09分

その方、うちの子猫ちゃん、ちょっとだけでも、見にこないかなあ.少しだけ、さわりに来ないかなあ.あったかい力が心に届いて、本の一瞬でも涙が乾く時間、できるかもしれないから。今日はこれから、千葉の学会だから、明日以降で写真もとるね。

投稿: 藍弥生 | 2009年9月13日 (日) 09時00分

災害時のペット対策は、大変参考になりました。当家のワン公は、チワワですが躾は全くしてません。当然のことながら災害対策もなしでした。
 避難する時は、人間だけでなくペットも一緒であることに今気付きました。 ありがとう!

 先日は事情を知らないため、焦って同じような内容のコメントを何回も送ってしまいご迷惑をお掛けしました。以後気をつけます。
 
 

投稿: ライス | 2009年9月13日 (日) 10時52分

災害は、いつ起きるかわからないので地震に備えて非常用の荷物をチエックしましたが、猫ちゃんの食事・水・ケージなどいろいろと準備に心掛けないとね、藍ちゃんのアドバイスとても参考になります。(^^)v

投稿: 霞 | 2009年9月13日 (日) 19時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/46189722

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時のペット対策:

« ブログのコメントについてのお知らせ | トップページ | 千葉で学会・銀座で蚕の展示・1000人セミナーリハーサル »