« キャッチ・ザ・ナンバー | トップページ | 学校動物のセミナー・東大弥生講堂 »

D-flatさんのピアノコンサート/ブルース・アレイ・ジャパン

ラジオ・文化放送が縁でお友達になった、D-flatさんのコンサートに、いきました。note日本で5本の指に入る、目黒のライブハウス。

彼は、いつもは、外資系の銀行の部長さん。夜は、別の顔?で作曲家でピアニスト。notesどうやって、どういうときに、曲を作るのかと思ったら・・・thunder新幹線や飛行機の中や、人の話をきいているうちに、イメージがわいて、曲を作りたくなるんだって。

五線譜のたたんであるものを、いつももっていて、歌いながら、つくるそうです。karaoke歌えないものは、曲に結びつかないんだって。歌詞はないのに、ふしぎでしょ?

アンコールを入れると、19曲。全部よかったけど、私の特にお気に入りは・・・ピクニック・もう一度・ガーデン・サムワンケアーズ・感謝・・・です。

同じ指から、paperやさしい音、力強い調べ、軽快なリズム、せつない旋律・・・特等席のまん前だったので、指先・前髪・まばたき・息遣い・・・全て私のもの、って感じで、感動の夜でした。

お仕事だって、大変だと思うのに、こんなふうに、ピアノでみんなに元気をくれるので、大ファンです。それにね、book病院の特集号・JVN8月号もね、知らないうちに、買ってくれちゃってた、やさしい人です。

CDもあるので、皆さん是非どうぞ。musicちなみに、義母は、いつも一人でご飯食べる時、彼のCDをかけて、ムードたっぷりで食べています。

音楽も動物・みんなに元気をくれることろが、共通点。一緒に、楽しくがんばろうって思う人です。loveletterみんなも、応援してね。

|

« キャッチ・ザ・ナンバー | トップページ | 学校動物のセミナー・東大弥生講堂 »

コメント

音楽って不思議。友達のように元気づけてくれたり、恋人のようにそっと心添わせてくれたり。
とても贅沢な空間を与えてくれるものだよね。
ピアノも、篠笛も、ピンキーも、元気をくれて感謝!です♪(*'▽')ノノ

投稿: 撫子 | 2009年1月25日 (日) 02時40分

「一芸に秀でる者は他芸にも通ず」

サクセス(成功)なのかサティスファイ(満足)なのかは人によって違うかも知れませんが、何かを達成するには、達成できるやり方がある訳で、出来る人は出来るし、出来ない人ば出来ない。
出来る人の中でも才能に溢れ鼻歌歌いながら出来た人もいれば艱難辛苦、諦めずに努力に努力を重ねて出来た人もいる。

投稿: お地蔵亭 | 2009年1月25日 (日) 03時16分

素敵なコンサートでよかったね。
音楽はヤッパリ最高の心の癒し
今度いつの日にか「藍弥生篠笛コンサート」を楽しみにしているよ
やれば出来るさ

投稿: 篠笛 | 2009年1月25日 (日) 07時13分

音楽でも何でも人が一生懸命、心をこめて集中している姿は、感動ですね!
こちらまで頑張ろうって元気もらえますもの。

投稿: Jackのママ | 2009年1月25日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/43845613

この記事へのトラックバック一覧です: D-flatさんのピアノコンサート/ブルース・アレイ・ジャパン:

« キャッチ・ザ・ナンバー | トップページ | 学校動物のセミナー・東大弥生講堂 »