« 今夜はバラのお風呂 | トップページ | アイメイト(盲導犬)のチャリティカレンダー »

医療・介護の限度額、減額申請

医療相談室のソーシャルワーカーさんが、収入のない家庭(母)は、申請を出すと、医療も介護も、安くなることを教えてくれました。

で、早速、杉並の区役所に書類を送ってもらって、やってみました。

こういうことって、知らないとずーっとそのままですね。もしかしたら、母に、ヘルパーさんとかが教えてくれたのかもしれないけれど・・・「わからない・面倒・どうでもいい」・・・そんな風な時期だと、それっきりですね。

一人暮らしって、ある程度、身の回りのことがちゃんとできるのが、条件ですね。何とか、そこで暮らしてるから、一人暮らしOK,と思ったら、大間違いだし、動けなくなってからって、移動が大変。

自分は、誰と、どこで暮らすか、この3つのなかから、子どもたちの好きな所を選ぶとか大まかでも、希望を考えておくのが、老前の仕事だったりしてね。老後に考えるのはぎりぎりかも。

その点、義母は立派。さっさと近くに近くに、と2段階で、うちの目の前にきちゃったから。

|

« 今夜はバラのお風呂 | トップページ | アイメイト(盲導犬)のチャリティカレンダー »

コメント

そう。動けるうち、頭が働くうちに、大雑把ながら方向を決めておくことは大事ね。まだまだ大丈夫、な〜んて高を括っていると、思わぬことで大慌てすることになるかもね。何はともあれ、健康第一でいきましょう(^^)V

投稿: 撫子 | 2008年10月29日 (水) 02時06分

そういう制度があることは知らなかった。一つ利口になった。
義母さんが藍ちゃんたちの近くを選んだのは、嫁さんが(藍ちゃん)を信頼したからだよ。親孝行してやってね。
長生きはいいけど、老いると言う事は大変なことだよ。
ましてJBKなんて夢かもしれない。
いよいよとなったら「清動」の近くに引越ししようかな?

投稿: 篠笛 | 2008年10月29日 (水) 04時51分

J/丈夫で・B/ぼけずに・K/心地よく・・・で、近くに来てみんなで暮らすのも、いいねえ。義母のマンション、知り合いだらけになったりしてね?

投稿: 藍弥生 | 2008年10月29日 (水) 07時21分

電車の広告に「まだまだ現役」70歳でも働ける環境をってのが出始めました。
年金・高齢者福祉制度破綻が確定したので、綺麗ごとにすり替えてます。
男性の平均寿命まで働け=死ぬまで自力で何とかしろってことですね。今の働き盛りの50代の方には。
ピンとこないようで恐ろしい事ですよね。そんな準備して来てないし、一朝一夕に出来ないし、公私ともにそこそこ責任ある位置なので自暴自棄にもなれないし・・・

安穏な老後を過ごしたかったら老前どころか、現役の頃から自分の老後の為だけに働けという「国益」もへったくれもない労働者階級を使い捨てにする身も蓋も無い政策。


頼れる子孫がある方は幸せ。
ない方は・・・・

日本らしさを取り戻す礎(捨て石)になる覚悟で環境改善、自給自足に臨みます。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年10月29日 (水) 08時09分

近所が一気に老老介護・・・
近所に若手の頼りがいのある男手が見当たらないって嘆いている人からSOSありました。夏海も軽い男手ってことで(^-^)

投稿: 夏海 | 2008年10月29日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/42922283

この記事へのトラックバック一覧です: 医療・介護の限度額、減額申請:

« 今夜はバラのお風呂 | トップページ | アイメイト(盲導犬)のチャリティカレンダー »