« キャッチザ・ナンバー・113。ろうけん | トップページ | 棚卸しから、世の中を見る »

長所と短所

この間のサクセスの会(異業種交流会)で、友達のゆきちゃんが、「長所が出すぎると、短所になる」という話をしてくれました。なーるほど、面倒見がいい、とおせっかいになるし、まじめすぎると、おもしろみがなくなっちゃうし、ね。

短所がですぎたら、長所になったりしてね。おせっかいは、頼りになったり、くそまじめが真摯な誠実さに頭をたれたり、ね。

まあ、とにかく、ほどほどがいいんだね。長所も短所も。この年になると、短所も個性にしないとね?

明日は、棚卸で世界が見える、そんなお話、しますね。

|

« キャッチザ・ナンバー・113。ろうけん | トップページ | 棚卸しから、世の中を見る »

コメント

短所も自分がちゃんと自覚すれば、長所になるんだね。
答えは全部、自分の中にあるってことだから、自身を正しく見つめられるような目を持てたらいいな〜(*^_^*)

投稿: 撫子 | 2008年10月25日 (土) 02時09分

完全な人間はいないし・・程々の短所は愛嬌?個性?
う~ん・・。

投稿: 梅 | 2008年10月25日 (土) 06時55分

「三つ子の魂百まで」持って生まれた性格はそんなに変わる物ではない。「個性」だからと言わず、
撫子さんが言うようにもう一度考え直そうかな?
いかんせん手遅れだと想うがね。みんなに会うのが遅過ぎた。と、とりあえず反省だけはしておこう。

投稿: 篠笛 | 2008年10月25日 (土) 06時57分

長所…鼻の下。短所…足の長さ…。(^^ゞ

投稿: てる! | 2008年10月25日 (土) 07時59分

「長所」、「短所」ってその時々に拘わる「他人」が勝手な尺度で決め付けるだけのものだから、その集団の中で穏便に過ごしたければ、その「他人」達の行動規範に従えばいいし、その集団がさして重要じゃなければ、自分のままで居られる集団に移ればいい。

幼少の頃から、きちんとした情操教育とか躾を受けていれば、たいていの集団で穏便に過ごせるだろうけど、「穏便に過ごす事」なんてもんになんの価値があるんだろう?

そう思ったら、好き勝手やれる自分中心の集団作ればいいんだし。

「好き勝手」と言っても公序良俗に反しない他人に迷惑かけない範囲なのは言うまでもないけど。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年10月26日 (日) 07時49分

こたえは
ひとつ
じゃないんだね(^-^)
尺度がいっぱい
いろいろが
気持ちよく混ざり合うと
楽しめるね(^▽^)

投稿: 夏海 | 2008年10月26日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/42890125

この記事へのトラックバック一覧です: 長所と短所:

« キャッチザ・ナンバー・113。ろうけん | トップページ | 棚卸しから、世の中を見る »