« こけし屋(西荻窪・洋食レストラン)・お気に入り | トップページ | MCカフェ・大森駅西口・アトレ・東急イン1階(お気に入り) »

父の3回忌

早いもので、3回忌とはいっても、母の入院・手術・転院で、それどころではありませんでした。でも、父の妹のちえこおばちゃんが、「兄さんの思い出話したいし、聴きたいの。でも、歩けないから、本八幡のプランタンに来て」と、リクエストがあったので、いきました。

小さい頃の思い出の場所とは、全然違って、あの踏み切りはどこへやら、で、浦島花子状態でした。ショッピングモールが出来ているの。

父とそっくりなおばちゃんと、父の闘病日誌を見ながら、48でなくなったお母さんの看病を父が一番一生懸命したこと、そのお母さんに私が似ていること、そんな話をしました。ちえこおばちゃんのだんなさんが、父の五行歌を、ちゃんとファイルしてくれていて、うれしかったです。

帰りに、大森で、内科アカデミーの原稿書き。そのお店が、とってもよかったので、また明日紹介しますね。MCカフェです。

|

« こけし屋(西荻窪・洋食レストラン)・お気に入り | トップページ | MCカフェ・大森駅西口・アトレ・東急イン1階(お気に入り) »

コメント

叔母ちゃんに会って、お父さんの思い出話をして、きっと何より喜んでいるよ、お父さん。「よくやってるなぁ。お母さんを頼むな。」って。
悲しまないで、思い出してあげるのが孝行なんだって。藍ちゃん、お母さんにも似てきたよ。皆のイイトコ取りね(^_-)

投稿: 撫子  | 2008年10月13日 (月) 01時57分

お父さんの3回忌。書こうと思っていたこと、みんな撫子さんが書いてくれた。本当にその通り。
築地のガンセンターの患者会虹の会で始めてお会いして、その後ガンセンター、聖路加病院緩和ケアー病棟とお会いしたのはいつも病院だった。
大変厳しい状態だったのに、取り乱すところなく、「成田山のお守りを二人の人から貰った。同じ物を2つ持っていても仕方がない。1つはあなたにあげます。」と私のことを気遣ってお守りを1つ下さった。
家の畑で採れたミニトマトを持って行くと「新鮮で味が違う」と食欲はないのに美味しそうに食べてくださった。
しっかりした優しい眼差し、丁寧に書かれた闘病日記、人生訓。感謝の言葉で最期を締めくくった。余命を宣告された患者の生き方を身をもって教えてくださった。
もっともっと色々教えて頂きたかった。
「千の風になって」はお父さんがみんなに言っているのだと思う。
「宏子お母さんを頼むよ」心配事は唯一つ、お母さんのことだったと思う。今、みんなでお母さんの看病に当たっている藍ちゃんたちを、いつもきっと見守っている。
お父さんを偲びながら、千の風になってを吹奉しご冥福を祈る。

投稿: 篠笛 | 2008年10月13日 (月) 05時39分

妹もね、お兄ちゃんの話ができる人がいるのって
すっごく嬉しいと思う。

投稿: 夏海 | 2008年10月13日 (月) 10時12分

藍さんのお父さんの逢ったのは虹の会とNHKのTVでした。何時も落ち着いており強い方でしたね。
何時までも色々な方に「人生」を語っているようです。

投稿: 梅 | 2008年10月13日 (月) 22時58分

やはり、今を誠実に懸命に生きることが故人への最大の供養だと思います。
良心にも両親にもともに恥じない生き方を心掛けねば。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年10月14日 (火) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/42768104

この記事へのトラックバック一覧です: 父の3回忌:

« こけし屋(西荻窪・洋食レストラン)・お気に入り | トップページ | MCカフェ・大森駅西口・アトレ・東急イン1階(お気に入り) »