« 貝柱の食べ方 | トップページ | すずめの雛の巣立ちの練習 »

人の気持ちに(ビジネスマナー)

動物看護師さんの学校で、ビジネスマナーを教えています。そんなこともあって、先日は、農大で助教授をしているM先生が、実習生を紹介してきました。

さすが、M先生の教え子で、素直でまじめで、いい子で、一生懸命話を聴く、生徒さんです。

どんな人を採用したいですか?  ときかれたので、その答えです。

ひ・・人の心にあいさつを・・・挨拶の達人になろう

と・・とにかく定刻5分前・・・何があっても5分前にスタンバイ

の・・のんびりせずに自分との約束・・・約束を守ろう

き・・決まりを守って優先順位・・・優先順位を見極めて行動

も・・もっとアップ、センスと五感・・・五感を大切に,感性を磨こう

ち・・近くに潜むピンチを予防・・・危機管理の徹底を

に・・人間のつながりはすばらしい・・・人脈は宝物

|

« 貝柱の食べ方 | トップページ | すずめの雛の巣立ちの練習 »

コメント

「ひ・と・の・き・も。ち・に」
藍ちゃんにしてはやや堅いが、一つひとつなるほどと納得。
年寄りがあえて2つ注文

ひ・・人の心にあいさつを・・・挨拶の達人になろう
に是非「人の心に(笑顔)で挨拶を・・・・と笑顔を加えたい。
今毎日病院通いをしていて、医療関係者の「優しい・笑顔」に縋っている。バアチャンを病院に残して帰る時、当直看護師を見て、安心して帰るときと、泊まろうかな・・と思うこともある。

「アイウエオ人生訓」(藍ちゃんのお父さんの・・)を理解・実践できるできる人。基本は「優しい心」だね。
これができる人はなかなか少ないかもしれないがね。探せばいる。藍ちゃんが見本だから。


投稿: 篠笛 | 2008年7月 4日 (金) 06時01分

昨日、今日とある研修を受けてますが、「きく(聞く・聴く)」の違いについて講師がこんなふうに言ってました。

聞くは、門(自分の考えなどの制限)の中の耳できくから選択的。

聴くは漢字を分解すると十の横長にした目と縦に伸ばした耳と下にどっしり落ち付けた心できく、つまり全知全能を総動員してきき尽くすという事。


「人の話しを聞こう」でも大変だが、その人の発言の真意まで深耕し、相手が「いい尽くした」と感動し、聴く人を信頼せずにいられなくさせるのが「聴く」


当然、相当な訓練が必要だけど、学校じゃ教えてくれないので自分でつかみ取るしかない。


投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年7月 4日 (金) 07時09分

どれも大切で成程。
ボラ先では危機管理の心構えが一番です。
心を病んでいる人が相手なので、「突然」が来るのです。

投稿: 梅 | 2008年7月 4日 (金) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/41705085

この記事へのトラックバック一覧です: 人の気持ちに(ビジネスマナー):

« 貝柱の食べ方 | トップページ | すずめの雛の巣立ちの練習 »