« ライブのお知らせ | トップページ | 文永堂さんの本が来る日 »

個性が色濃くなる老後

先日、ソプラノ歌手のNさんと話していたときのこと。介護をしていて思うことは、歳を重ねると、個性が、色濃くなるそうな。

頑固だった人は、さらに頑固に。几帳面だった人は、あっちこっち、片付けだすし。わがままなひとは、もっとわがままに・・・。

そういわれてみると、人に感謝する父は、最期まで自分のことより、人のことだったなあ。

さあ、今夜は、大好きなスタバで、シェイクレモンパッションティ、飲みながら、原稿かかなくっちゃ!

|

« ライブのお知らせ | トップページ | 文永堂さんの本が来る日 »

コメント

ご高齢の方が個性濃くなるのは、退行現象もあるでしょうけれど、「○○しなくちゃいけない」と言う抑制が薄れるのでしょうね。

明治の女性は、現代の女性に比べると、抑制の固まりみたいな良妻賢母観で個性を出さない感じになっていたので、晩年になって個性が濃くなったように見えるのかも知れません。


明るく元気で人生を全う頂きたいですね。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年7月30日 (水) 06時19分

ドライブスルーの出来るアノ「カフェ」ですね。
感じの良いところでペンも進むでしょう。

投稿: 梅 | 2008年7月30日 (水) 06時31分

確かに頑固さには磨きが掛かってきた。藍ちゃんのお父さんのようになれる人は少ない。
篠なんか足元にも及ばない。修行しなければね。みんなに嫌われる年寄りにはなりたくないと、思ってはいるけど、「三つ子の魂100までも」

投稿: 篠笛 | 2008年7月30日 (水) 06時54分

その通りだね。父は『生かされている命、ありがたい。オレは本当に自分の人生、満足しているといっていたなあ。』(^◇^)

投稿: てる! | 2008年7月31日 (木) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/42006174

この記事へのトラックバック一覧です: 個性が色濃くなる老後:

« ライブのお知らせ | トップページ | 文永堂さんの本が来る日 »