« 新作・肛門嚢炎のプリント | トップページ | 結婚記念日・30周年 »

学校で飼う動物・ぎもん・しつもん110

お勧めの本です。私のテーマのひとつ、学校飼育動物の関係の本です。たくさん本はあるのですが、これは,絵が多くて、たのしくて、わかりやすいので、幼稚園・学校・動物関係の大学や専門学校に、1冊あるといいですね。偕成社で1890円です。

ついでに、お役立ち情報。第9回、学校飼育動物研究会が、7月19日・土曜日・椿山荘で開かれます。参加は無料。テーマは「言葉や活動をゆたかにする飼育体験」です。時間は、12時半から5時半まで。事前申し込みは,全国学校飼育動物研究会事務局まで、どうぞ。事前登録が必要です。

私の小学校は、鶏とウサギがいて、4,5,6年間、担任だった石手先生が、獣医師でした。作文と日記と詩を、毎週出させて、コメント入れて、返してくれる、そんな厳しくてやさしい男の先生と、飼育係するのが、楽しみで大好きでした。

「友達は宝物、大事にしろ」が、口癖で、胃がんだった石手先生の病室には、大きな垂れ幕に「お父さん、ありがとう」って、卒業生が書いて、かざったっけ。私たちが会いに行ったとき、「忙しいのに、すいません」って、その晩になくなったので、みんなが、「オーちゃんが一番弟子だったから、待ってたんだよ」っていったっけ。

だから、ね、天国に届くようなお仕事、していきたいなあ、っておもうわけ。ラジオ、きいてね。

|

« 新作・肛門嚢炎のプリント | トップページ | 結婚記念日・30周年 »

コメント

いい先生に恵まれたんだね。
天国に届くような仕事、一杯してるジャン。
今日は孫の家の植木の植えつけお手伝い。
放送聞けるかな・・・。
いつの日にか放送で藍ちゃんの笛の音を聞きたいもんだね。
電波に載せると確実に天国に届くよ。先生待ってるかも・・・・

投稿: 篠笛 | 2008年5月 4日 (日) 05時42分

藍ちゃん、獣医を志すの巻の原点かな。

何かこうなりたいという強い思いに気付かせ、最初の一歩の背中を押して上げるのが先生や先輩の役目だろうね。


投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年5月 4日 (日) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/41024023

この記事へのトラックバック一覧です: 学校で飼う動物・ぎもん・しつもん110:

« 新作・肛門嚢炎のプリント | トップページ | 結婚記念日・30周年 »