« 小動物臨床レクチャーシリーズ | トップページ | ごみおじさん、街を行く »

たけのこづくしのこのごろ

堀り立てのたけの子が、毎日、ぼんぼん、届きます。「あく抜きとかできるの?」とみんなに言われます。「だいじょうぶー!」と、答えます。

だってね、川向こうの母・佃野の母・豊岡の母・・・あっちこっちに、動物病院が取り持つ母が散らばっていて・・・「たけのこ、いい?」と聞くと、「その代わり、半分もらうからね!」と・・・バンバン、運ぶと・・・さっさと、おかずになって、戻ってきます。

たけの子ご飯・たけのこのお刺身にわさび醤油・たけのこの酢味噌和え・たけのことあげの煮物・たけのこの味噌汁・・・いろんな形になって、返ってきます。

そんなわけで、春の味、楽しんでいる我が家で・・・なかなか、お料理上手になれないわけは、こんなところにあるのかなあ?

|

« 小動物臨床レクチャーシリーズ | トップページ | ごみおじさん、街を行く »

コメント

米の研ぎ汁か糠入れて皮ごと煮る昔ながらのやり方でなくても、皮剥いて電子レンジでチンで普通においしく食べられます。

とれたては味なんか付けないでそのままが一番だと思うけど、握り寿司の形に作って、外側をバーナーで軽くあぶると、絶品ですよ。


後は、個人的に好きなのは、厚めのタケノコ刺身に梅肉と鰹節混ぜたのを載せたの!

少し日が経っちゃったら、ピーマン、豚肉、タケノコを千切りに揃えて、軽くカタクリ振って、オイスターソースで炒める。

もっと日が経ったら、サイコロに切ってめんつゆで煮込む。あの懐かしい崎陽軒シューマイ弁当の付け合わせの味(笑)


昔は皮を梅の汁に漬けて、チューチュー吸ったとか、皮でスリッパや財布作ったと聞くけど現物を見た事ない。(笑)

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年4月28日 (月) 03時19分

娘の家で近所の方からしょっちゅう竹の子を頂くとかで、煮物、竹のご飯にしたものなどを孫が届けてくれる。
子供の頃、母が竹の子の皮の中に梅干やシソの葉を入れてくれ、チューチュー吸った昔を思い出した。

投稿: 篠笛 | 2008年4月28日 (月) 05時50分

いいんじゃない!
得意・不得意で分業?して・・生活を楽しむ事は!
私は料理は苦手。時間があれば楽しめそうですが・・言い訳かな。

投稿: 梅 | 2008年4月28日 (月) 06時28分

うちも、おばあちゃんがいたから、おやつは、たけのこの皮、チューチューで、後で開くと、とってもきれいなピンク色になってたっけ。

投稿: 藍弥生 | 2008年4月28日 (月) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/40970239

この記事へのトラックバック一覧です: たけのこづくしのこのごろ:

« 小動物臨床レクチャーシリーズ | トップページ | ごみおじさん、街を行く »