« 続・篠笛・ジャズ・文化的な日曜日 | トップページ | 院展・雅会 日本画展・日春展 »

青森から実習生(獣医学科6年生)

花冷えの中、青森から実習生が来ました。五行歌で知り合いの山形のS先生(獣医師)のお孫さんです。「頂きます」、「ご馳走様」、の手を合わせるとき、とってもていねいで、まねしたくなるほど。

ノートを片手に一生懸命メモして、質問して、小動物の臨床が、希望だそうで、熱心で優しいお嬢さんでした。

新しい年度が始まります。新入生が来たり、新入社員が入ってきたり、自分が変わらなくても、周りが変わる春ですね。三寒四温で、体調を狂わせる人と動物も多いので、皆、気をつけてね。

|

« 続・篠笛・ジャズ・文化的な日曜日 | トップページ | 院展・雅会 日本画展・日春展 »

コメント

初心忘れるべからず
と格言になるほど忘れてしまいがちだ。

自転車に乗れるようになってしまうと、何故、乗れなかったのかわからないし、説明出来ない。

「そんなことも出来ないのか」と口に出す前に、自分がどうやって出来るようになったのか思い返すがいいだろう。

新人達は先輩の接し方一つで萎縮もすれば羽ばたきもする。


自分が新人のときの理想の先輩(説得力ある厳しさで仕事を叩き込んでくれた)でありたい。


投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年4月 1日 (火) 07時24分

「清動」仕込みの獣医さんが誕生するのは楽しみ。オジイチャンも藍ちゃんのところを実習場所に選んだのは正解。人を見る目がある。

投稿: 篠笛 | 2008年4月 1日 (火) 08時32分

この年でも、フレッシュマンにいろいろ学ぶ事が多いですね。
挨拶がシッカリできる人は良いですね!

投稿: 梅 | 2008年4月 1日 (火) 22時12分

藍 先生 へ

先日はお世話になりました。
実習に伺いました、ちはやです。
失礼かとは思いましたが、ネット上ですのでハンドルネームで失礼します。

あの日は本当に様々な症例に立ち会うことができてよかったです。
患者さんには「縁起でもない!」と言われそうですが。

病院から帰るときに雨がやんでいたので、傘を忘れていってしまったのですが、骨が壊れているので捨てていただいてかまいません。


丁寧に対応していただきましてありがとうございました。
またの機会にはよろしくお願いします。

では、失礼します。

投稿: 在原ちはや | 2008年4月 2日 (水) 11時23分

傘にお菓子少し入れて、送りました。楽しみにしててね♪

投稿: 清水動物病院 | 2008年4月 2日 (水) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/40708532

この記事へのトラックバック一覧です: 青森から実習生(獣医学科6年生):

« 続・篠笛・ジャズ・文化的な日曜日 | トップページ | 院展・雅会 日本画展・日春展 »