« パーソナリティのつぶやき・プロと一味違った形 | トップページ | 季節の変わり目・注意報 »

年金問題・団塊の妻のつぶやき

いよいよ、他人事でもなくなってきて、まじめに考えることにしました。

本来なら、年金生活が始まって、毎日、切り詰めて、そそと暮らすわけですが・・・我が家の場合、夫は、会社に3年いたときは社会保険・その後は国民年金・途中から会社にしたので社会保険。名前の読み方も、ほういち・くにかず・・・名簿から、なくなっていても、不思議でない人に入りそう。

社会保険・厚生年金・国民年金・老齢基礎年金・・・読めば読むほど、わからなくなる仕組み。いったい誰が、考えたのかしら?とおもうほど。できれば、超頭のいい人がつくるより、ごくごくふつうのおばさんが作ったら、だれにでもわかるものができるのでは?

なんて、おもうのは、わたしだけかしらん?還暦の人は、どうしているんだろう?

|

« パーソナリティのつぶやき・プロと一味違った形 | トップページ | 季節の変わり目・注意報 »

コメント

どうしたらあんなでたらめが出来るのか?不思議。いい加減な社会保険庁の役人。考えれば考えるほど、驚き、怒りが湧いてくる。許せないね。

投稿: 篠笛 | 2008年3月13日 (木) 05時42分

何故、物事を複雑怪奇にするか?

答えは簡単。利権を迷彩して折り込む為、利権に群がるハイエナが貪っているのが見えないようにする為です。


単純明快に7割はハイエナですなんて言えないじゃないですか。


法律も同じ。色々含みを持たせないと、弁護士さん食って行けないじゃないですか。

法案だの予算案だの政治家が考えてると思ってる人が多いかもですが、実態は官僚エリートが徹夜を重ねて、以下にお金をもっともらしく吸い上げ、どう利権を造り、どこに配分するかを練り上げ、その利権をどこがとるか政治家が発表しあってるって事です。


天外(てんげ)さんが、大脳新皮質シンドロームと命名した、頭のいい人達が考え過ぎて訳分からない事態になる症候群ですね。

残念ですが国家をアテにせず、私達一人一人が、よき日本人の心を取り戻し、相互に支え合って慎ましやかに活きるしか道はないようです。


投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年3月13日 (木) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/40476097

この記事へのトラックバック一覧です: 年金問題・団塊の妻のつぶやき:

« パーソナリティのつぶやき・プロと一味違った形 | トップページ | 季節の変わり目・注意報 »