« ラジオ、春からも、継続決定、同じ時間です | トップページ | 「つるみQ」ペット特集 »

第2回・篠笛出張教室

腫瘍マーカーやインフォームドコンセントの話なんぞも、間に入れながらの、第2回篠笛教室。

ここで発見したこと。同じ指使いで、息の吹き込み方で、1オクターブ、変えるのです!息を、細く、くちびるを平たくすると、1オクターブ、上がるの。

さくらさくら、最後までふけるようになりそうです。聴けるようになるには、まだまだだけど、ね。

そして、師匠いわく、「能書きより、かわいがって触ること。触っているうちに、なんでもわかってきて、できるようになる」 これって、パソコンや女性と同じだね?てわけで、大笑いになりました。

肺活量が、つきそうです。「片肺の篠にまけるなよ!」と言われておりますが・・・全然負けてる、我が家です。夫婦でおけいこって、いいかも。適度なライバル心とフォーローの思いやりが、相乗効果を生むのです。

ちなみに、この篠笛で、猫が踊りだしたら、トピックスになるだろうなあ♪

|

« ラジオ、春からも、継続決定、同じ時間です | トップページ | 「つるみQ」ペット特集 »

コメント

藍ちゃんご夫婦の熱心さと仲のよさに圧倒されました。たった二日であれだけの上達にはびっくりいたしました。笛がご夫婦の絆をますます強めるようですね。取り敢えず「さくら」を完全マスターしましょう。お父さんの喜んでいる顔がみえます。
ご精進を!!!。

投稿: 篠笛 | 2008年3月 7日 (金) 07時19分

吹禅(すいぜん)と言って音の出にくい安定しない単純な構造の笛を吹く事は、念仏を唱える代わりになるくらい精神修養によいと聞きました。


邪心があって集中力を欠くといい音は出ないのでしょう。

逆に無私無欲で人徳が高い人は、習わずとも直ぐに会得・合点するのかもしれません。

聞かせていただけるのを楽しみにしています。


投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年3月 7日 (金) 07時47分

「笑顔と感謝といい気持ち」さんは、篠笛の先生のようなことを仰る。まさにその通り。
「笛は心で吹くもの」といつも先生が言ってます。
応援してやってください。

投稿: 篠笛 | 2008年3月 7日 (金) 09時09分

藍さんが熱心に練習している姿は想像できますが、院長先生も共に吹いている姿は微笑ましいですね。
さくらさくらは外国では日本の国歌か?と思っている人が多いので夏にも歓迎されますね。

投稿: 梅 | 2008年3月 7日 (金) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/40397015

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回・篠笛出張教室:

« ラジオ、春からも、継続決定、同じ時間です | トップページ | 「つるみQ」ペット特集 »