« いつでも、逆に考えるとうまくいく。川北義則さん。 | トップページ | 東大寺よりお札とお餅 »

小動物臨床のアイデア・JVM特集

8月号に出ますが、締め切りは6月初め。イラストや図も用意して、1ページ2080字で28ページ分。生き方を伝える、人生の総決算っぽい原稿依頼でしょう?遺書よりすごいじゃん!と言った友だともいたくらい。ほんと!遺書は親戚・友達くらいだけど、こっちはことによると、他のデータベースにのることもあるとか?

そろそろ、下書きも、はじめないと。

それと、薬の会社から、2種類の薬のインタビューもきます。これとて、下調べが必要。少し、やせてスマートな方が、説得力あるもんね。このごろ、やや太り気味なんで・・・ちょっと、気をつけようっと。

|

« いつでも、逆に考えるとうまくいく。川北義則さん。 | トップページ | 東大寺よりお札とお餅 »

コメント

毎日クルクル動いて多忙の藍さんが太り気味?私も気をつけないと。メタボ、人事ではありません。
ところで鶴見の「スタバ」は北寺尾にあるの?先週一回寄ってみました。落ち着いた雰囲気で子供連れのママさんが本を読んだり、老夫婦がソファーにドッカリ座っていました。

投稿: 梅 | 2008年3月18日 (火) 07時26分

2080文字×28頁って!特集じゃなくて、「本」じゃん。これまでの集大成に近い作業を2ヶ月で!

考えただけで、徹夜バリバリ、やつれまくり、最後の1週間は、ホテル缶詰じゃん!

下書きどころか、全開で取り組まないと間に合わないよ~(笑)


これだけの内容だと再販、単行本化等の取り決めもしっかりしておいた方がいいですね。掲載紙以外のいかなる公開・出版・登録について、全体、部分、媒体、インターネットを問わず全て著者の許諾を得るものとする位の事、取り交わした方がいいかもね。

著作権は作成した時点で発生するものだけど、あってないようなものの面もあるので、用心にこしたことはありません。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年3月18日 (火) 08時30分

凄い仕事量だね。忙しいから篠笛練習が出来ない!。なんて言わせないからね。「さくらさくら」しっかり吹ける様に頑張ってね。
身近にライバルがいるからお互い切磋琢磨して「飽きずにコツコツ毎日少しずつ」
「上手に吹かなくていい。心で吹け」いつも先生が言ってます。
行き詰った時は「6,0,2」を繰り返す。
笛は生き物です。好きな人に接するように心を込めて・・・。

投稿: 篠笛 | 2008年3月18日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/40526331

この記事へのトラックバック一覧です: 小動物臨床のアイデア・JVM特集:

« いつでも、逆に考えるとうまくいく。川北義則さん。 | トップページ | 東大寺よりお札とお餅 »