« 看護師制度の確立に向けて | トップページ | 仕事とは? »

学会2日目・香川の風

学会は、おもいがけない友達にあったり、なかなかゆっくり話せない人と展示場で話したり、人とアウト、いろんなアイデアをもらえたり、刺激になって、また、がんばろうって、おもいます。

四国にいる先輩が、おいしいお店教えてくれたり、全国に友達がいると、楽しさ10倍♪

そうそう、専門学校のテストの採点も、済ませてきたので、安心。来週の新潟のセミナーのときお世話になる、先生にも会えて、よかったです。

|

« 看護師制度の確立に向けて | トップページ | 仕事とは? »

コメント

素敵な出会いが人の輪・和を、人間を豊かにしていく。
藍ちゃんの笑顔がその和をいっそう広めてゆく。
出会いは人生を豊かにする。

投稿: 篠笛 | 2008年2月11日 (月) 05時49分

人間には言葉が3つあると言う。
口、手、足。
喋りは簡単なだけに美辞麗句、巧言令色少し仁、虚飾になりやすい。

手紙、文章は契約書など法的拘束力を持つ約束も出来るし、「ハガキ道」もある。

足=身振り、態度、行動が一番表現難しい分、感動につながりやすい。


特に「出会い」は、その場にいなければ始まらないので、その人の行動範囲、行動力に比例する。

私も藍ちゃんを見習って、遠路を疎まず、出かけたいと思う。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年2月11日 (月) 09時46分

以下テキストは、2008年2月6日(水)異業種人脈交流会DATの会、定例会で私が発表したものを藍ちゃんブログコメント用に再編集したものです。文字数がどこまで入るのか不安ですが、みなさんも「我慢せず、ニコニコ出来るエコ」をちょっとずつでいいからやってみてください。

読みにくい長文で、ごめんなさい。
コピピペしてからどうぞ。


「家庭で出来る環境対策」
まず、こちらの引用をお読みください。
--------ここから-------------------
どうして「まだ大丈夫、まだ時間がある。」
というふりをしているのですか。
 オゾンホールを修復できますか?
 死んでしまった川に、サケを呼び戻せますか?
 絶滅した動物たちを生き返らせますか?
 砂漠になった森を元に戻せますか?

私は二十一世紀に二十一歳になります。
私の子供は鳥や昆虫、動物達を見ることはできるでしょうか?
果たして生きていけるでしょうか?
あなた方は子供の時、こんな恐ろしい心配をしたことがありましたか?
もうこれ以上地球を壊さないで下さい。
地球を残して下さい。もう時間は残されていません。
どうかお手本を見せて下さい。お願いします。

セブリン鈴木(十三歳)1993年4月グローバルフォーラム閉会の辞
ビジネス社「地球村に生きる」より抜粋
--------ここまで-------------------

1997年に京都議定書で「大変なことになるのでCO2排出量を6%下げよう」と決まめたのに、2007年12月時点では、当時より7.8~9%(計測団体によって差あり)増えてしまっています。当時の言い方からしたら「15%下げないと!」です。しかも2007年12月にあったバリ議定書には、2020年には1997年比で30~40%のという数値が乗るはずでしたがアメリカ、カナダ、日本が反対して具体的な目標値を公表させませんでした。この10年に何があったのか知りませんが、世界の先頭を切って環境に取り組もうと規定した日本がそんなことをしています。


「大変なことになっている」と痛感しているのは、これから大人になる子供達です。
子供達が目の当たりに見えるのは、政府や大企業の大掛かりな取り組みではなく家庭での毎日の生活です。
「ちょっとくらいやったってどうにもならないよ」というのは、「私はお前たちの未来を台無しにするよ」と同じです。私たち家庭の力は、微力です。でも無力ではありません。
出来ることをやりましょう。家庭で「お手本」を見せようではありませんか。

それも、どうせやるなら日本人得意の「改善魂」を発揮してワクワク・ドキドキ、我慢するエコではなく、楽しむエコで行きましょう!
家庭でのエコの柱は次の2つです。
1.省エネ(節電、節ガス)
2.排水浄化(600億年かけてオゾン層を作ってくれた海中藻が絶滅しています)

以下、家事の「さしすせそ」に沿って私がやっていることを紹介しますのでご参考ください。

1.裁縫
私は得意ではありませんが、穴かがりやボタンつけくらいは出来ます。通勤かばんにはミニミニ裁縫セットを携行しています。(これは自分のためでもありますが、他の人が困ったときの備えの意味が強いのですが、これを出すと"貧乏くさい"といわれるのは心外です。)
環境対策ということでいえば、清潔なものであれば新品、ましてやブランド品でなくてもいいということでしょうか。中でも、以下のような予防保全をして耐久性を上げて長く使うということでしょう。
・体重が多いとズボンの股が擦り切れるので、購入時に股当ておく。
・同じ品質のものをズボンは2着、シャツは3枚購入して交互に着用する。(靴も同じ)

衣服に関しては、今は機能性(保温性・通気性がよく、軽い)のよいものが安く買えるのでうまく組み合わせると室温10度~30度程度の範囲ではエアコンをかけなくてよいという強力な省エネになります。

2.躾
私には子供がありません。(もちろん、まだまだ、可能性はありますよ)
修身斉家治国平天下ですから、自分が身を正して生活することが肝要と思います。
そこで、次のような行動をしました。
・オール電化エコキュートにしました。
費用はざっと80万円位かかりました。スマートタイプだともう少し安くなりますし、今後も安くなると思います。(ただし、私の家はもともとキッチンがIHでガスは風呂と給湯だけでした。今は導入フェアなどやっているのでIHは貰えてしまう場合があります)これにすると季節時間別料金設定になり昼間誰もいない独り暮らしにはてきめんに効果が出ます。概算でいうと導入前と比較して同じような使い方をしてガス代が丸々浮いてしまう感じです。副次的な効果として家の中に”炎”がないということです。もちろん、電気でもショートやスパークで火災になることはありますが、火種があるかないかは火災の危険度は大きく違うと思います。現に私は出火に関しては絶対にないとまで思っています。
もう一つの副次的な効果は、モニターに本日の使用湯量が表示され、シャワーなどの流湯使用が驚くほど湯を使用することがわかり節約するようになることです。
・太陽光発電にしました。
最初に見積もりしてみた5年前から比較してもパネルは小さく薄くなり効率もぐーんと上がって、価格も安くなりました。しかし、それでも「元を取る」というのはかなり難しいようです。パネルだけでなく、3つくらい箱が必要で、モニター含めて30万円~50万円かかります。残念なことに私の家の場合、設置出来るのがやや北向きの小さい部分だけでしたので最小構成(1kw)しか設置出来ませんでした。費用はざっと130万円かかりました。これはモニター制度を活用したので正価の半額に近い金額です。
待機電力を冷蔵庫とFAXだけに絞っていて、200W(冷蔵庫が173W)ですが、冬はようよう100W、日差しが強くて200Wなので、使用電力を発電電力が上回って売電できるまでにいきません。夏場はまだ経験していないのでわかりませんが元を取るということよりも環境に貢献する姿勢を示すという気持ちが大切かと思います。
副次的な効果としては、モニターが使用電力量を表示しますので、エアコンや床暖をあちこち付けてみたりして何がどれくらい電気を使うのかわかるので節電しやすくなります。
・マイ箸を持参しています。
日本の間伐材を使用して作った割りばしは使った方がいいという説もありますのでその場によって使い分けますが、割りばしは「ゴミ」になるので自分の箸を使えばいいと思います。お地蔵亭でのホームパーティでも割りばしはどうしてもという場合以外使いません。
・買物袋をもらいません。
・待機電力を最小限に絞っています。
すべてのコンセントにスイッチ付きテーブルタップをつけてTV、DVD、パソコン、LANなど使う時以外スイッチを切っています。
・照明を最小限にしています。
白熱球は蛍光管にし、自分が居る場所以外消灯しています。

3.炊事
マクロビオティックまではやりませんが、なるべく「ゴミ」を出さないようにしています。
テフロン加工の電気鍋を多用し油を使いません。砂糖も来客の方がコーヒー、紅茶に入れたいという時以外使いません。
ご飯大好きですが、めったに家で食べられないので200g78円の麦入り御飯を買い置きしておいてレンジで1分30秒チンして食べます。(容器が「ゴミ」になるのが悔しいですが)
ご家族がいらっしゃる方は炊飯器の能力いっぱい焚いて1食ずつに小分け冷凍して食べ分けるといいです。(保温を8時間すると炊飯1回分の電気を食った上にまずくなります)
炊事で出来るエコは「後片付け」です。
油汚れ、味噌汁、ラーメン汁、中性洗剤を流すことが水質汚染になります。
テフロン加工の鍋、フライパンを使えば油は要りません。油に汚れた皿を洗う場合はティッシュで油を拭いてからお湯で洗えば洗剤は要りません。その他は水で洗い、落ちにくければお湯で洗い、それでもだめなら重層を使い、どうしてもだめなら3倍以上に薄めた中性洗剤を少しだけ使うという感じです。

4.洗濯
スーツ、ワイシャツはクリーニングに出します。スーツは自分では洗濯できませんし、ワイシャツは下着と分けて洗って干してアイロンかける(アイロンかけ大好き)のでクリーニングにだした方が安くてエコです。
下着と靴下は1週間分貯めておいて(洗濯機にいれておいて)週末に1回洗濯します。
溜水すすぎは厭なので流水すすぎにしますがこれは水を大量に使うので、洗濯機の能力に見合った量がたまった時点でするのがいいと思います。
よく風呂の残り湯(これらを中水(ちゅうすい)といいます)を使うといいますが、自分が脂性なのでそれは厭です。ただし、トイレを流すのには中水を活用したいと思案中です。(インターネットで中水利用を検索するとチャレンジしている方がたくさんいらっしゃいます)

5.掃除
家には掃除機がありません。フローリングですので普段はペーパーワイパーで済ませ、定期的にバケツと雑巾で拭き掃除します。


以上

【参考文献】
地球にやさしい暮らしの工夫 「わが家のエコライフ奮戦記」
縄田 良作著 ざ・ぼんぢわーく発行

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2008年2月11日 (月) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/40036115

この記事へのトラックバック一覧です: 学会2日目・香川の風:

« 看護師制度の確立に向けて | トップページ | 仕事とは? »