« 教え子の訪問 | トップページ | 生放送 »

読書の秋・今、何よんでる?

先日、専門学校の生徒さんに、おすすめの本、書いてもらったらね、ハリー・ポッター、恋空、ラブコン、青空の向こう、ぐりとぐら、五体不満足、100万回生きた猫、スライムタング、・・・けっこうみんな、本、読んでるの。

携帯小説も人気みたい。親指文化っていうんだって。

私は、今、読んでるのは、東野圭吾さん。あと、珍しく漫画,星野めみさんの本。レストラン、トライアングルさんのデザートの玉手箱、がでてきます。

皆さんのおすすめの本、教えてね。

|

« 教え子の訪問 | トップページ | 生放送 »

コメント

今度機会があったら「負けてたまるか」も勧めてみてください。(ウフフ)

投稿: 篠笛 | 2007年11月 1日 (木) 04時40分

オススメ図書は、経営工学概論、生産管理入門、行動心理学入門、介護士になる本などの入門書。


全然関係ないよと言う人ほど一読をお勧め。


現状を理解し分析して改善する。
人との関わり方を再認識する。


心を蝕まれない生き方の基本は恒産、能動。その基本がこれらの本から学びとれる。


作者で言ったら、斎藤一人さんと中谷彰宏さん。生きる元気を貰えて、ご利益まである。


「書上訓練、事訓練、人上訓練」
本から、経験から、人から学ぶ姿勢が肝要だが、もっとも重要なのは、学んだ結果を実践することだ。


色々な講演で「こうした方がいいですよ」と聞いても、実践するのは参加者の100分の1もいないらしい。

もったいなさすぎるよね。


「情報」は、かけていただいた情(なさけ)に報い(むくい)てこそ、意味がある。

インフォメーションの例
「これはこうした方がいいよ。」
ふーん。


コミュニケーションの例
「これはこうした方がいいよ」
「ありがとうございました、ホント、こっちの方が楽ですね。ところでそれはこういうやり方はいかがですか」
「あっ、確かにそれの方がいいですね、ありがとうございます。」

たくさん本を読めば、語れる事がどんどん増える。コミュニケーションのねたが増える。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2007年11月 1日 (木) 08時01分

今読んでいる本「南京事件」。今年は日中戦争70周年で12月南京に行く予定だから勉強中。「年」で寝るときは専らCDの朗読本。耳で聴く読書も楽しいです。

投稿: お梅 | 2007年11月 1日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/16919362

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋・今、何よんでる?:

« 教え子の訪問 | トップページ | 生放送 »