« もしわたしが、りんごだったら・・・ | トップページ | 読書の秋・ムックに向けて校正三昧 »

動物からのプレゼント(5仕事の幅)

いつの間にか、気がついたら、いろんなことを経験させてもらっていました。

子供たちとのふれあい教室・PTAのお父さんお母さんたちに動物の秘密・雑誌の巻頭エッセイに動物のコラム・動物の番組のパーソナリティ・学園祭で動物の講演・タイで飼い主さんにセミナー・ソニーの幼児開発協会でお話・別冊PHPで連載・小学生新聞でイラスト付エッセイ・がんの会や介護の施設でで動物の五行歌・保健所でお話・専門学校の授業・・いろいろやっていると、「ね、ね、誰にエネルギーもらっているの?」ときかれます。

多分、動物たちが、黙ってそっと、教えてくれたり、応援してくれたり、人と人をつないでくれたりして、少しずつ、いろんな形で、そだててくれているんだろうな。そして、動物大好きな人が手伝ってくれているんだろうな。

そんなわけで、今日は、ラジオの日。文化放送朝11時半から、きいてね。

あ、そうそう、聞き逃した方は、清水動物病院のHPのぞいてね。読めるラジオになっているよ。

|

« もしわたしが、りんごだったら・・・ | トップページ | 読書の秋・ムックに向けて校正三昧 »

コメント

HP開いてみました!相手のアナウンサーも楽しそうな方ですね。
急に冷え込みペットも戸惑い気味。
ボランティア先の「さくら」ちゃんも風邪のようで元気がないとみんなが心配しています。犬も風邪引く?

投稿: 梅 | 2007年10月28日 (日) 07時47分

本当によくやっているなあと感心。まさに藍弥生の「世界」だね。手抜きしないように頑張ってよ。

投稿: 篠笛 | 2007年10月28日 (日) 08時35分

24日からの大阪出張を終え、全席禁煙(操業から禁煙車)の最新車両、日曜日の中途半端な時間なのでガラガラ、広々でラッキー。

あーあ、これでドアの上にデジタル速度計があったら最高なのに。

静かにするすると加速して、150位出てるなと思っても、確認しようがない。
機能重視は解るけど、ワクワクも大切だよね。

と3列のひじ掛けを上げて横になってしまった。

今回の出張は、難波グランド花月とがんこ寿司とふぐ鍋は堪能出来た。
(残念ながら、色々不満な点が多く、この程度かよってのはあったけど)

幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔にしていると幸せが雪崩のようにやってくる、痛感できる。

これと同じで体力・気力・精神力が有り余ってるから色々な事が出来るのではなく、「あれもこれもやってみたい」とやっていると加速度的にどんどん出来る事が増えて行くんだよね。


そんで、やり続けていると習慣になってしまって、鼻歌唄いながら、他の人に取っては凄いことをこなしてしまう。


人間の凄さを痛感するときだ。


好奇心と情熱をいかに維持するかが課題だろ。


精神年齢3才になってみれば簡単みたい。
コダワリもエンリヨもなんもなしのあの頃に(笑)

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2007年10月28日 (日) 17時17分

こんにちは,先生.
ご無沙汰してました....

昨日「世界一受けたい授業」でしたっけ,旭川動物園の園長先生が講師として出演してました.

最後にいったセリフにうんうん,ってうなずいちゃって,,,
人間以外の生き物の本当の姿、生き方が違う事を知ってほしい、って。。。

今,いろんな動物がコンパニオンアニマルとして飼われていますが,本来の生態を無視して人間の生活に合わせ,もしはみ出れば捨てられる,,,

そういった事をする方は,本当の生態をきちんと学んだ上で,生き物と接してほしいと感じました.

又,家畜などに対し,人間が怪我をしないように,と指導がよく来るのです。
その為に、彼等をまるで機械のように扱わざるを得ない対策になり,何とも複雑な心境です.
原因の一つに,人手不足は否めません...

投稿: 家畜のお医者さん♀ | 2007年10月28日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動物からのプレゼント(5仕事の幅):

« もしわたしが、りんごだったら・・・ | トップページ | 読書の秋・ムックに向けて校正三昧 »