« 地球の更年期 | トップページ | 今夜の五行歌(1席でした) »

大阪でたべたものとお土産話

うどんすき・串揚げ・ふぐ・イカ天・赤福・一六タルト・坊ちゃんまんじゅう・煮込みうどん・・・で、介護医療・心療内科・大阪との違い・これからの仕事のテーマ・老後の形・・・・話は尽きず・・・仕事・恋・健康・・・同級生だから、深い話も、あれこれと。いつまでも、仲良く、こんな形で、情報交換できたらいいな。

Q熱のワクチン、ができたらいいね。動物の緩和医療やシェルターも、具体的に計画していくといいなあ。

|

« 地球の更年期 | トップページ | 今夜の五行歌(1席でした) »

コメント

充実した同級会だったようだね。まだ恋を語ったの?

投稿: 篠笛 | 2007年9月19日 (水) 05時24分

人間のダイナミックレンジって広いねー(笑)

やろうと思えば何だって出来るけど、脱力すると何にも出来ない。

特に恋愛のパワーは凄いよね。

斎藤一人さんが言うには、それが出来なければ銃殺だと言われても出来ないことがホントに出来ない事でそれ以外は知らない、やらない、やる気がないだけで、出来ないんじゃないんだって。

私は、ラグビー部で先輩達の無理難題に慣れたおかげで実社会の要求なんか屁でもないけど、同じ要求で心身の健康を崩し薬漬けになっちゃう人もいる。

その時は恨まれてもいいから、背中を押してあげる人でありたい。

「うるせー、しのごの言ってねーで、息止めてる間にやれっ!殺すぞ」

何でみんなちゃらちゃら遊んでるのに、自分はこんな真夏のグランドでしごかれてるんだろう。殺したいのはこっちの方だ・・・・

その時は感謝どころか、殺意を覚えたが、自分が社会人になってみると、真夏に後輩の合宿にしごきに行くことがどれほど有り難いことかを痛感する。

その先輩達は、今思えばだけど無償で有給休暇を取って差し入れを持って合宿に参加し、しごき、練習試合の台となってくれ、よなよな悪いことも教えてくれた。

自分が今それをやっているか?
恥ずかしい限りだ。


自分の為だと出来ないが、藍ちゃんの頼みなら何でも出来るというファンが何万人いることだろう(笑)


自分のやる気、能力を強制的にでも引き出してくれる人が近くにいることが一番の幸せなんじゃないかな。

それが恋人だったら最高だね。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2007年9月19日 (水) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/16496350

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪でたべたものとお土産話:

« 地球の更年期 | トップページ | 今夜の五行歌(1席でした) »