« 日曜日・文化放送・昼11時半 | トップページ | 6日・夜7時・関内でライブ »

大和のりと父の携帯番号

こんなに使い切れないだろうなあ、と想いながら、父が入院中に使っていた大きな大和のりのプラスチックのつぼが、そろそろ終わりそう・・・。

ふと見たら、父の携帯番号が、まだ私のピッチに残っていました。父の携帯は、あの時すぐに解約したので、かけても天国につながるはずもないんだけど・・・なんとなく、私のピッチの中の番号はそのままになっていました。

友達も、12年前になくなったお父さんの小銭いれの10円玉・100円玉・・・なんとなくそのままになっていて、ときどきそっと触ったりしてるそうです。

昨年の内科アカデミーのとき、父がどうなっても休めなかったので、無事に終わって、それがきっかけで、新しいことが始まって、いろんなことがあった夏でした。

今年の夏は、どんなかな?

|

« 日曜日・文化放送・昼11時半 | トップページ | 6日・夜7時・関内でライブ »

コメント

父が他界して11年未だに夢に出て来てリアルな会話します。

そっちはどう?

まぁ、悪くはないけどな。

何か心遺りがあって成仏できないの?

いや、成仏するしないはこっちでは関係ないんだ。一旦真っ白になっちまうから怨みだの憎しみだのなんてのもない。
おまえのこの力がなけりゃおまえの親だったなんて事も消えて真っ白さ。

じゃあ、なんで、たまにこうやって会いに来るのさ?

いや、会いに来てるって訳じゃなくておまえが呼んでくれてるというのか上手く説明できないけどな。

ふーん、呼んでるのか。

まぁ、折角来たからにはそっちの話し聞かせてよ。

てな感じ。

投稿: 笑顔と感謝といい気持ち | 2007年8月 6日 (月) 03時40分

大和ノリ。で思い出したノートに色々貼り付けたお父さんの闘病日記帳を。
携帯番号、篠もそうだ。パソコンに残っているメールなんかも千の風になった人の分は消せないで残している。
肉体は亡くなっても、魂は永遠。思いを持ち続ける人の心を拠り所に、千の風の修行を続けている。疲れて休みたい時夢になったり色々の形で現世に戻ってくる。
藍ちゃんの夏は最高だよ。迷わず進みなよ。いいことずくめだ。

投稿: 篠笛 | 2007年8月 6日 (月) 05時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/16016566

この記事へのトラックバック一覧です: 大和のりと父の携帯番号:

« 日曜日・文化放送・昼11時半 | トップページ | 6日・夜7時・関内でライブ »