« キャベツのお届け | トップページ | 東京新聞・07・6・4・でています。 »

日曜日の急患(鳥の深爪)

セキセイインコの爪を切っていたら,切りすぎて、血が止まらなくなっちゃった!と、お母さんとお嬢さんが、駆け込んできました。小さな爪の先から、ぽたぽた、血が出ています。消毒薬をつけて、止血の薬をつけ、外科用の接着剤でコーティングして、無事終了。

つい、日曜日は時間があるからと、いつも出来ないことに挑戦したくなっちゃうのですが・・・日曜日は、セミナーがあったり、用事で出ていることもあるので、連絡がとりにくいこともあります。爪きり,おうちで切るのは自信がなかったら、病院がやっている時間にしたほうが安心。

「もう、これからは、先生のとこにつれてくるー」と、はらはらどきどきにこりごりした、Tさんでした。

|

« キャベツのお届け | トップページ | 東京新聞・07・6・4・でています。 »

コメント

そもそも鳥の爪を切って上げる必要があるのか疑問です。

猫があちこちバリバリやらないようにとかならまぁ分からないでもないですが、それでも爪とぎ用のグッズ与えればそれでバリバリやるでしょう。

インコの爪切るのは何の為なのか?

止まり木に止まれなくならないのかな。
手に乗った時痛いからとかでなくインコの為であることを祈る。

投稿: 夜桜地蔵 | 2007年6月 4日 (月) 02時54分

我が家のベスもなにやら皮膚病のようです。シャンプーをさぼっていたからかな~。近所の獣医師さんに今日連れて行きます。保険がないので困る!老犬の方が元気・・。

投稿: 梅 | 2007年6月 4日 (月) 06時28分

自然界にいると、忙しいから爪もそんなに伸びなかったり、自然に減るんだろうけど、止まり木の太さや硬さやその子の運動量によっては、伸びすぎてくるの。1度、伸び始めると、当たらなくなるから、柳のように、伸びてくるので、3ヶ月に1回くらいそういう子は、切ってあげないと、折れてけがするわけ。

投稿: 藍弥生 | 2007年6月 4日 (月) 07時48分

何処の世界も面倒見ると言うことは大変なんだなー、と思いました。
盆栽も、もみじ類などは剪定の時期を誤ると、涙を流して枯れてしまいます。ホント。

投稿: 篠笛 | 2007年6月 4日 (月) 08時10分

会社も、そうだったりしてね。人の切り方間違えると、つぶれちゃうよね?

投稿: ゆめちゃん | 2007年6月 4日 (月) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/15298687

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の急患(鳥の深爪):

« キャベツのお届け | トップページ | 東京新聞・07・6・4・でています。 »