« バナナ・ジャバ・ココナッツ・フラペチーノ | トップページ | てくてくつるみ »

星の王子さま

松屋の8階に、星の王子さま、丁度券をいただいたので、ぶらりとみにいきました。作家は、私の好きなフランスのリヨン出身。直訳だと、ちいさな王子様、だそうで・・・星に訳した人って、すてきね。小学校の頃から、便箋と封筒を集めるのが趣味で、引き出しいっぱい入っているのに、藍色の空に王子様がいたので、レターセット、買いました。

と、偶然、夫の大学時代の同級生に、ばったり。彼は、私の駅物語の主人公で、改札口でズーーーーーっと、見えなくなるまで、手を振ってくれる人。松本のお母さんの仏壇と孫におみやげ買いに、きていたの。わたしが、教育委員会と専門学校の講師をすることはなしたら、大喜び。なんといっても、一番初めのソニーの幼児開発協会で頼まれたとき、OHP一緒に作って、プレゼンテーションの極意を、手取り足取り丁寧に教えてくれた人だから。多分、この人と一緒に仕事していなかったら、今の私はなかったくらい、お世話になった人。

なのに、・・・松屋のキャンティで、ご馳走になっちゃったー♪エネルギーもらったから、原稿書き、がんばろうっと。

|

« バナナ・ジャバ・ココナッツ・フラペチーノ | トップページ | てくてくつるみ »

コメント

「うさぎがピョン」新刊号買ってきた。ウサギのことばかりの本があるなんて驚き。一杯写真が載っていて読み易い。なんだかんだと言いながら藍ちゃんの写真が一番多い。
藍先生が言う病気対策のアドバイス
「病気を治すのは、医師の力だけではない、医師の力が3分の1、飼い主・家族の力が3分の1、動物が本来持っている力が3分の1.それらがすべて合わさって病気は良い方向へも難しい方向へも向かう」
人間にも当てはまるので紹介する。

投稿: 篠笛 | 2007年4月30日 (月) 21時50分

「王子様」にちなんで?「天使」のはなしをば。
長くてすみません。文字数制限ありませんように。

4月27日練馬文化センターで中村文昭さんの講演を聴いた。その後半で「TaemGOGO」の紹介があった。この場をお借りして紹介させていただきますので、インターネット環境がある方は是非、ご覧ください。

http://www.teamgogo.net/

毎年夏至(今年は6月22日)の20時から22時の間、電気を消してろうそくのあかりの元、家族や大切な人と語らう時間を持とうという「100万人のキャンドルナイト」去年は東京タワーも消灯した。
今年は、上記URLで当日に「てんつくまん」(天国を造る男の略)を言いだしっぺに環境問題を考える号外を日本全4900万世帯に配ろう=この日から電力消費量を半分にしてやろうチャンレジがある。
一般の人も色々参加の道がある。

参加出来なくても、6月22日20時~22時は電気を消して語り合う時間を持ってくださるようお願いいたします。

ここからは27日講演の冒頭で小学生2人が朗読した「無力と微力」の要約を試みます。
----ここから----
無力と微力という名の天使が降り立ったのはゴミの街だった。
無力の天使は諦めて空ばかり見ていた。
微力の天使は毎日ゴミを1つ拾った。
1年後ゴミは365個減って仲間が10人になった。
2年後ゴミは3650個減って仲間が100人になった。
3年後ゴミは36500個減って仲間が1000人なった。
5年後ゴミはなくなりみんなが仲間になりしかもゴミを捨てなくなった。
無力の天使は微力の天使にお礼を言った。
ある日街を見た無力の天使が街のきれいさに驚いた。
「あなたのお陰で街からゴミがなくなったね。私も拾うことにするよ」
微力の天使は無力の天使にお礼を言った。
「ゴミを拾うために下ばかり見ていた私にあなたが朝焼け、夕焼け、晴れ、曇りの空の美しさを教えてくれたからがんばれた。さぁ、一緒にゴミを拾いましょう」
二人はゴミを拾ろうと街へ出た。1日中ゴミを探したけれど、見つからなかった。
----ここまで----

投稿: 夜桜地蔵 | 2007年5月 1日 (火) 00時12分

知ってます。自分たちは何とかなっても、子供、孫の世代まで、エネルギー問題・環境問題、まじめに考えるきっかけですね。

投稿: ゆめちゃん | 2007年5月 1日 (火) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/14897499

この記事へのトラックバック一覧です: 星の王子さま:

« バナナ・ジャバ・ココナッツ・フラペチーノ | トップページ | てくてくつるみ »