« サクラフルール青山・絵本の朗読コンサート | トップページ | 統合失調症について »

遺族外来・大西秀樹先生・埼玉医大

朝日新聞に出ていたの。遺族が落ち着くまで,診てくれるの。うちで言ったら、ペットロスの飼い主さんの、おもいでを一緒にお話したり、アルバム作ったり、五行歌つくったり・・・そんな感じなのかな。共感できるなあ、とおもったので、うれしくなりました。いろんなこと、一つ一つ、解決しないと、人って、前に進めないもんね。別に遺族じゃなくっても・・・。失業外来・離婚外来・リストラ外来・失恋外来・・・そんなのも、あったら、いいよね?母は、ここにかかったら、いいかしらね。とりあえず、夜、いってみようっと。

|

« サクラフルール青山・絵本の朗読コンサート | トップページ | 統合失調症について »

コメント

大西先生は神奈川県立がんセンターの精神科にいらした先生です。患者会でも「うつ」についてお話していただいたことがあります。評判のいい先生でした。埼玉医大にいらっしゃるんですね。お名前を拝見して懐かしくなりました。がんセンターにいらしたころから、遺族の心のケアに力を入れていましたね。精神科は医師と患者の相性が重要とよく聞きます。お母さんにどうかは分かりませんが、大西先生はいい方です。一度訪ねてみたら?

投稿: こころ | 2007年4月24日 (火) 07時08分

孤独は年を重ね一人になると誰でも襲われますね。
その時の薬は身内が居る時は矢張り、足しげく訪問して貰うのが一番の薬ですね。
後は心療内科で薬を貰うことでしょうか。
私の父は42歳他界。兄の家族と同居していましたが、老人会で旅行に行ったりしていましたが、私等子供に逢う時が一番安らぐと言っていました。私が息子ばかり産んだので「もう一人女の子を産んだら」と勧められられましたが・・今その言葉が身にしみますね。藍さんのお母さんは我が事のようです。

投稿: 梅 | 2007年4月24日 (火) 08時07分

「孤独」考えちゃうね。病気は薬・手術・放射線などである程度まで治せるが、孤独は自分との闘い、傍で考えるほど簡単にはいかない。趣味、話し相手、思い出巡り色々考えられるが。喉が渇いた時水を飲むような、即効薬はない。
梅ちゃんが言うように周りの人が温かく接して、長い目で見守っていくことがいいのかもしれない。ピアノを教わるような人いないかね。藍ちゃんの手紙はキット届いていると思うよ。直ぐ答を求めないことだと思うよ。
声を失って退職勧告を受けた時は完全ウツ。救ってくれたのは「盆栽」だった。何でも黙って聞いてくれたし、心をこめて接しればそれなりに応えてくれ話し相手になってくれた。でも、今身辺整理で世話になった盆栽をどうするか頭を悩ませている。

投稿: 篠笛 | 2007年4月24日 (火) 08時49分

医師免許ないので/

「外来」看板だせないが/

癒やしにかけては玄人はだし/

自律、総合失調ドンとこい/

脱力楽園「お地蔵亭」

(=^▽^=)

投稿: 夜桜地蔵 | 2007年4月24日 (火) 12時31分

今日の私のコメントは母の事でした。
主語が抜けました。ボケの始まり?

投稿: 梅 | 2007年4月24日 (火) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/14803017

この記事へのトラックバック一覧です: 遺族外来・大西秀樹先生・埼玉医大:

« サクラフルール青山・絵本の朗読コンサート | トップページ | 統合失調症について »