« 文芸春秋 | トップページ | 好きな画用紙 »

おひなさま

私のお雛様は、こけしを赤い切れの上に、並べたものでした。だんだんは、本を積み重ねてありました。茶箪笥の上に、並べてあったので、弟とおっかけっこをすると、バタバタとドミノのように、崩れました。こけしは、子消しだ、と昔誰かに聞いていて、夜お雛様の並べてある部屋にいくのは、ちょっといやでした。

その次にもらったお雛様は、祖父が掛け軸に水彩で,、描いた物でした。コレも、みんなとちがっていて、あんまり好きになれませんでした。でも、今は、掛け軸のお雛様が、世界にひとつで、大のお気に入りです。散らかっていても、つるすだけだし、するっとだせて、するっとしまえて、ほんのり、アトリエのにおいがします。

「早く出して、早くしまうものよ」と、口うるさく言っていた母も、今年はもう、なにもいわなくなりました・・・。

|

« 文芸春秋 | トップページ | 好きな画用紙 »

コメント

おひなさま・・・ってやっぱり自分がというよりも
親とか親戚の思いが強いですよね
実家にあるけど毎年ちゃんと出して飾ってるらしいです

投稿: 凪沙 | 2007年3月 2日 (金) 12時35分

お雛様を通じて藍ちゃんのこれまでの人生が見えてくる・・・。お雛様を通じて自分たちを大事にしてくれた人のことを思い出すっていいよね。大事にしてね。

投稿: 篠笛 | 2007年3月 2日 (金) 14時28分

明日は土曜日なのでボランティア先では「ひな祭り会」が行われました。舞踊クラブの踊り、音楽クラブの歌やら30分間でしたが、皆喜んでいました。関東と関西での雛飾りの違いを説明していましたが・・殆ど理解出来ない方々ですが~。昼食に出た、はまぐりのお吸い物の「はまぐり」の話の方が納得できたかな?季節の行事は大切ですね。心が和みます。

投稿: 梅 | 2007年3月 2日 (金) 18時05分

ひなまつり・・・夫と二人だけになっても やっぱり「ちらしずし」を 作ってしまいます。小さいころからの習慣で 母の味?の関西風のばら寿司です。朝から 具材を煮て 先ほど 出汁こぶをいれたお米を炊き始めました。
季節の行事を大切にと 思いますね。

投稿: オカリナ | 2007年3月 3日 (土) 14時56分

おひな様は私のと娘のと二組飾ります。どちらも木目込みですが、娘のは主人の母が作ってくれたもの。私のは亡くなった祖父母が買ってくれたもので、どちらも大事なおひな様ですね。
オカリナさんと同じく、我が家も今夜は「ちらし寿司」午前中に買い出しに行って、下準備はOKです。

投稿: こころ | 2007年3月 3日 (土) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/14077789

この記事へのトラックバック一覧です: おひなさま:

« 文芸春秋 | トップページ | 好きな画用紙 »