« ピアノの練習・心のレッスン | トップページ | 今年のベスト10 »

年賀状600

年末前倒し原稿も、終わったので、そろそろ、少しずつ、年賀状開始。書いても、書いても、終わらない?600枚。少し削れば、絞れば、と、友だちに言われるけれど・・・50円で1年繋ぐには、一番の方法で、生きてる証で、喪中でも、出しちゃう、年賀物語。

どうしているかな?と思いをはせながら、1枚ずつ、コメントいれて、たのしんでるかも。

今日は、連載をしている会社の人が、春からの新連載の話と一緒に、素敵な陶器をもってきてくれました。ぬくもりのある、柳に飛びつく蛙とそばに鳥がいて、金色の三日月さまが、見守っている、茶色の器。こんなお歳暮も、心に届いて、うれしいな。

今夜のBGMは・・・竹内マリアさんで、カムフラージュ♪

|

« ピアノの練習・心のレッスン | トップページ | 今年のベスト10 »

コメント

この時期いつも思うこと。
あぁ~なければいいのに…と。
でももらうと嬉しい年賀状。
また今年も紅白見ながらの印刷のなりそう。
清水家の年賀状楽しみにしてます。
さて、先日篠笛さんから
「山梨の増富温泉がいいらしい」という情報。
いいということは何でもしてみようと思う。
今日はこれから増富温泉に向かいます。
どんなだったかは後日ご報告いたしますね。
では、行ってきまぁ~す!

投稿: こころ | 2006年12月28日 (木) 07時09分

年賀状は若い人からはメールで届く事が多いですね。音付きで面白いのもあり、時代だな~。こころさん、増富温泉に出発ですね。身体に良いそうです。私の友達も今、行っています。より、元気になって帰って来て、体験談を聞かせて下さい。来年は行ってみようかな~と思っている所です。私は今夜、日本フィルの「第9」を聴きに行ってきます。

投稿: 梅 | 2006年12月28日 (木) 08時45分

年賀状も690枚となると形式的になってきたのは反省している。自発的に今年で止めますといってきた人がこれまでに2人いた。気持ちは分かるが、仲間の会合では決まって話題になって中止したことに批判的で賛成の意見はなかった。藍ちゃんのようにこまめで器用でないし手のしびれもあってパソコンに頼ってしまった。簡単な一言を書き込むのにも大変だった。不思議なもので出さなかった人から届く。まあ一年の締めくくりあと何回出せるかと言うところまで来たのだから続けることにした。
文章の仲間から桜が送られてきて早速飾った。まだ蕾は固いが楽しみ。
昨晩孫娘と三悠会の忘年会に呼ばれ帰りのタクシーでカバンの忘れ物を発見した。書類が主で身分証明のようなものが入っていなくて、孫が書類に書いてある何だか分からない人の電話番号にあちこち掛けて、客の降車場所からようやく落とし主に辿り付き、タクシー運転手が届けることで落着した。車に弱い孫は細かい字を読んだりしたせいか気持ちを悪くしてしまった。今朝落とし主から感謝の電話があってホッとした。
こころちゃんも増富温泉に先遣隊で出発したようだから来春は希望者出を募って新年会をそこで、と言うのはどうかね。これから植木の嫁入り先に呼ばれている。大掃除はまったく手付かず。

投稿: 篠笛 | 2006年12月28日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/13213309

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状600:

« ピアノの練習・心のレッスン | トップページ | 今年のベスト10 »