« 大学30周年同窓会 | トップページ | 聖路加ホスピスからの手紙 »

狂犬病予防対策

30周年の同窓会は、狂犬病とトリインフルエンザを中心に、盛り上がり・・・海外へ行く人は、ワクチンを、もし、海外で犬にかまれたら、すぐに暴露免疫(ワクチン)を、心配なことは、厚生省のホームページを、自分の身は、自分で守ろう!そんなことを、皆で、もっともっとアピールしていこう、ということになりました。発症したら、100パーセント死んでしまう病気です。せっかく予防できるのだから、みんなで、人も動物たちも、狂犬病から、守りましょう!

|

« 大学30周年同窓会 | トップページ | 聖路加ホスピスからの手紙 »

コメント

狂犬病のワクチン接種については動臨研のときにY会長から、今後の獣医師のあり方も交えてお話がありました.

接種率が思ったより低い事にびっくりです。

今回の事でもう少し狂犬病の怖さを知ってほしいですね.

なお、旅先でのワクチン接種はちょっと気をつけた方がいいようです.
国にもよりますが、ワクチン製造段階で作業に携わっている方が別の疾患にかかっていて、ワクチンが必要以上に混濁しているそうです.....

投稿: 家畜のお医者さん♀ | 2006年11月26日 (日) 22時08分

発症したら100%死んでしまう?
知りませんでした・・・
ただ義務で犬には予防接種必ず受けさせてましたけど
そんなにも怖い病気だったんですね
知識不足
犬や猫がいるとついついかまってしまうのだけど
特に海外ではやっぱりそういう行為って危険なのかな

投稿: 凪沙 | 2006年11月27日 (月) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/12833579

この記事へのトラックバック一覧です: 狂犬病予防対策:

« 大学30周年同窓会 | トップページ | 聖路加ホスピスからの手紙 »