« 狂犬病予防対策 | トップページ | 続・30周年 »

聖路加ホスピスからの手紙

父がお星様になって50日が過ぎました。ポストの中に、見慣れない文字のピンクの封筒が、入っていました。聖路加ホスピスにいたときの、父の担当だった看護婦さんからでした。温泉と犬が大好きな、長男と同い年22歳の女の子。「皆さん、お元気ですか。大竹さんと温泉の鉱泉の違いや、いろんなことよく知ってる方だったので、教わることがたくさんあって、そんなことを思い出しています。家族の方も、皆明るくて、楽しかったです。寒くなってきましたが、みなさま、体に気をつけてお過ごしください」そんなことが、自分の言葉で書いてあって、行き届いた配慮に、うれしくなりました。

人気の病院だから、いつでも今を大切にしている人が次々で、忙しいのに、もう、いなくなった父とその家族のことまで、ケアしてフォローしてくれる病院のすばらしさ、それに答えて、育っていく若い方たち、丸ごと教育が行き届いていることが、感動でした。

医療の中身はもちろんですが、心と心が通い合わないと、納得したり満足したり、感動したり、穏やかな気持ちになれたり、できないもんね。父が、癌になったことで、つらいこともあったけれど、こんなふうに、もしかしたら、父からのプレゼントではないかなーとおもうことも、いっぱいあって、いろんなことがあっても、頑張っていこうって、思いました。

聖路加ホスピスに、来年のカレンダーを送りました。365日、みなさんが、元気で、しごせますように、という祈りをこっめて・・・。

|

« 狂犬病予防対策 | トップページ | 続・30周年 »

コメント

聖路加の看護師さんの手紙、感動的だね。それだけお父さんを含め藍ちゃん一家が印象的だった。と言うことだと思う。今の時代に聞けないいい話だね。でも、どんなにいいところでも探偵の家からは遠すぎてバアチャンが参ってしまう。家から近い方が残る者の負担が少ない。

投稿: 探偵長 | 2006年11月26日 (日) 18時07分

明日11月28日(火曜日)午後10時30分から11時、NHK総合TVで「飛び出せ!定年」に刑事から僧侶に変身した大島龍穏夫婦がでるそうです。僧侶は探偵と一緒に神奈川県警捜査一課で殺しのホシを追いかけた仲間です。何を言うのか分かりませんが、是非みてやってください。われわれの中には変わり者がいるのです。探偵自身一時僧侶に変身を考えたことがあります。キット迷僧になったことでしょう。

投稿: 探偵長 | 2006年11月27日 (月) 16時15分

「飛び出せ! 定年」のこと 私は もしかして 探偵長かと思って 予告を見ていましたら 違っていてがっかり! でも やっぱり お仲間だったのですね。
もちろん あしたは 楽しみに見る予定です。
定年後の暮らし方の 参考にしたいものですから・・・・

そうそう 聖路加の看護師さんからの 手紙 私も感動しました。もちろん 藍さんのお父様・ご家族の病院での過ごし方等 強く残っているのでしょうね。
そういう 看護師さんが 沢山育ってくれることを 願っています。

投稿: オカリナ | 2006年11月27日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/12826841

この記事へのトラックバック一覧です: 聖路加ホスピスからの手紙:

« 狂犬病予防対策 | トップページ | 続・30周年 »