« 動物臨症医学会年次大会 | トップページ | 私の宝石箱 »

三遊亭楽麻呂さん

学会の特別公演は、「笑って、笑って、健康に」で、落語家の三遊亭楽麻呂さん。さすがに、よく動き、目の使い方から、間の取り方、すべてすばらしく、今度のわたしの講演に、勉強になりました! このごろ、セミナーもたのまれるので、もっともっと、ボディランゲージ、と思いました。わたしの著書「ペットの秘密」をあげたら、喜んでくれました。笑点が、最期まで楽しみにしていた父に、今日の話、聞かせたかったな。笑いはコミュニケーションの原点、世の中に、笑うことがいっぱいになると良いね。落語を楽しむ、ゆとりがあるといいね。

帰ってから、ウサギの急患を見て、家にもどったら、日付変更線を越えていました。いろんな人にあえて、勉強も出来て、新幹線で原稿も書けて、充実でした。

|

« 動物臨症医学会年次大会 | トップページ | 私の宝石箱 »

コメント

「笑い」って本当に大切ですね。でも年よりは今笑えない世の中ですね。年金が減ったり、医療費が上がったり・・。マッそんな時代だからこそ笑いは大切ですね。私も最近は寝ながらラジオを聴いたり、「笑点」も時々見て笑っていますね。「笑う」事が出来るのは人間だけ?犬も笑えたら面白いですね。ベスの笑顔を想像すると思わず、ワッハハ・・です。

投稿: 梅 | 2006年11月20日 (月) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/12751693

この記事へのトラックバック一覧です: 三遊亭楽麻呂さん:

« 動物臨症医学会年次大会 | トップページ | 私の宝石箱 »