« 感動のホスピス | トップページ | 人生の設計図 »

お芋の季節

サツマイモが、おいしい季節になりました。父のところに,みょうがのおすしや、なしの胡麻和えを届けてくれた、ねこの患者さんが、サツマイモとゴマの入った一口おにぎりと大学芋のさしいれ。八百屋さんも、商店街も、ご無沙汰だったナーと、改めて思いました。

今日、足を引きずる13歳のワンちゃん・・・骨肉腫の疑い、と言う検査結果・・・。昔、長女が5年生の時、骨肉腫の疑いで聖マリに行ったこと、思い出しました。幸い、繊維腫で、本人の骨盤の骨を2箇所削って、セラミックスと混ぜたものをそこに埋めて、今は、元気にデビュー。

あ、そうそう、すぐ近所で、天ぷらの火から、火事がありました。大学生みたいです。人事じゃないですね。ラジオ、日曜日、11時半、文化放送、よろしくね。

|

« 感動のホスピス | トップページ | 人生の設計図 »

コメント

昨日の「千の風になって」ミニコンサート。歌は小池薫(歯医者)、ピアノ赤川浄友(僧侶)。二人ともお笑い療法士。参加者はがん患者。シャンソンをナマで聞くのは初めて。歌も僧侶のお説教もよかった。みんな流した涙を拭くまもなく聞き入っていた。こころの挨拶もよかった。それに「風」を連想させる光川十洋さん(写真家・五行歌歌人)の写真が飾られ雰囲気を盛り立てていた。長生きすることが幸せに繋がらない。日々をいかに生きるかが人生。その人生一人旅だが、笑いと人の絆が大切だと教えられた。
今日はハマ風投稿締切日。
諦めを
先に歩かせないで
今日の一日を
生きてみよう
よく噛み締めて

投稿: 迷探偵 | 2006年10月15日 (日) 09時30分

「千の風」コンサート、本当に良かったですね。三人の「お笑い療法士」さんの息もピッッタリで時間があ~ッと過ぎてしまいました。信州の山の写真も良かったです。千の風~を聴きに藍さんのお父さんも来ていた様な?・・・タンポポの綿毛さんたちに感謝しています。
今日の放送は、ペットの「尿」でしたね。犬の散歩中のオシッコは色が中々判り難いですね。電柱にしている時は判るんですが・・我が家のベスは草むらにもするので困ったものです。ぼ~と待っていないでキチンとチェックしないといけないのですね。

投稿: 梅 | 2006年10月15日 (日) 13時22分

教えていただいたこのブログ。「文化放送、聞いてね」と何度か読みました。わたしもわんこを飼っているんですが、聞きたいこといっぱいあるんです。今日の放送でしっかりメモしちゃいましたよ。
先生のお話は深刻でないので楽しいです。お父様のご配慮の気持ちそのものの温かさがにじみ出ていますね。


宏子先生の番組へ質問を送るには

はがき:〒105-8002 文化放送『宏子先生の動物クリニック』

メール:hiroko@joqr.net

ということでした UoU

投稿: わんリスナー | 2006年10月15日 (日) 17時56分

光川十洋のことがでています、と教えていただきました。千の風のお歌にあう佳景写真に、うれしいご感想をいただきありがとうございます。
少し前、兄を63の若さで亡くしてから、一日の大切さを味わっています。「できることは喜んで」の気持ちで、参加しました。たくさんの候補をセレクトし、そこから選んでいただき、プリントをご提供いたしました。
この場をご提供している清水邦一先生宏子先生へ、深く感謝申し上げます。

投稿: 光川十洋 | 2006年10月15日 (日) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107657/12286687

この記事へのトラックバック一覧です: お芋の季節:

« 感動のホスピス | トップページ | 人生の設計図 »